維持費

SUV燃費ランキング!ハイブリッド・ディーゼル・外車を徹底比較

 

家族で一緒に出掛けるアウトドアは、心弾む週末の楽しみ。

でも遠出をする時に、気になるのは…そう「燃料代」です。

アウトドアに最適な車が欲しいけれど、燃費が高くなるのは困ります。

家計を預かる妻としては、きちんと調べておきたいところ。

今回は、SUVの燃費を徹底比較!

ハイブリッドディーゼル4WD2WD外車などのカタログ燃費を比べていきます。

さらに、1か月の燃料代を概算

実際のガソリン代の目安になりますよ。

家計の味方となるSUVはどれか?

ぜひ参考にしてください。

 

燃料別の燃費ランキング

まずは、気になる燃料別ランキングをご紹介していきましょう。

ランキングは、e燃費「クロカン・SUV JC08モード カタログ燃費ランキング」を参考にしています。

参考サイト:e燃費「クロカン・SUV JC08モード カタログ燃費ランキング」

同じ車名がランクインしていますが、それぞれグレードの違いで燃費が異なるためです。

ポイント・ランキング表の見方

  • カタログ燃費 「JC08 モード」で統一
  • 1か月の燃料代 1.000㎞走行したと仮定して概算
  • レギュラーガソリン 136.5円/ℓ
  • 軽油 114.8円/ℓ

燃料価格参考サイト:e燃費

ハイブリッド

順位 車種名 カタログ燃費 1か月の燃料代
1位 トヨタ C-HR 30.2㎞/ℓ ¥4,518
2位 ホンダ ヴェゼル 23.4~27.0㎞/ℓ ¥5.056~¥5.829
3位 レクサス UX 27.0㎞/ℓ ¥5.056
4位 ホンダ CR-V 25.8㎞/ℓ ¥5.291
5位 ホンダ CR-V(4WD) 25.0㎞/ℓ ¥5.460

トヨタ C-HR

参考サイト:トヨタ公式サイト

リッター30㎞を超えてくるSUVは、C-HRだけでした。

1か月の燃費も4.500円台となっています。

トヨタのコンパクトSUVとして、2016年12月に発売開始。

2019年10月にマイナーチェンジされました。

クロスオーバーSUVとして走行性能にこだわりがあります。

マイナーチェンジでは、「G-SPORT」「GR-SPORT」のグレードが追加されています。

  • ランクイングレード:Gグレード 1.8ℓハイブリッドエンジン
  • 価格 299万円
トヨタC-HRは燃費いい?それとも悪い!?

いつ見ても、思わずため息がでてしまう。それほど見ためが美しいトヨタのC-HRですが、1リットルあたりどのくらいの距離を走ってくれるのでしょうか? 気になっている、そこのあなたに! 一覧表をまじえて解説 ...

続きを見る

ホンダ ヴェゼル

参考サイト:ホンダ公式サイト

ホンダのコンパクトSUVとして、2013年12月に発売開始。

2018年2月にマイナーチェンジしています。

4つのハイブリッドグレードがランクインしているので、各数値に幅があります。

燃料代でも800円近い差がでています。

内装の高級感や乗り心地、静粛性が高く、街乗りにもアウトドアにもふさわしいSUVです。

  • ランクイングレード:HYBRID/HYBRID X/HYBRID RS/HYBRID Z 1.5ℓハイブリッドエンジン
  • 価格 250万円~286万円
ヴェゼルの燃費ってどうなの?ライバル車と比較&燃費向上のコツも

若者を中心に人気を誇るホンダのSUV車、ヴェゼル。 しかし、過去に何度もリコールされていて、ちょっと不安な部分も・・・ 今回は、ヴェゼルの燃費を調べ、ライバル車とも徹底比較しました。 ヴェゼルのことが ...

続きを見る

レクサス UX

参考サイト:レクサス公式サイト

2018年11月に「都会派クロスオーバーSUV」をコンセプトに発売開始。

レクサスの車種では最もコンパクトなSUVです。

インテリアは上質の一言。

また、軽快で力強い走行性能を目指しており、街乗りでも楽しくなるSUVと言えます。

  • ランクイングレード:250h 2.0ℓハイブリッドエンジン
  • 価格 432万円~518万円

ホンダ CR-V

(2WD ・4WDの2つのグレードがランクイン)

参考サイト:ホンダ公式サイト

クロスオーバーSUVとして、1995年に発売開始されました。

2018年にフルモデルチェンジして、現在は5代目です。

ハイブリッドグレードは、この時に新たに追加されました。

高い操作性と快適な乗り心地の両方を兼ね備えるべく、改良が重ねられたSUVです。

  • ランクイングレード:HYBRID EX/HYBRID EX・Masterpiece 2.0ℓハイブリッドエンジン
  • 価格:385万円~422万円(2WD)・407万円~444万円(4WD)
CR-Vの維持費は高いのか?税金やガソリン代などを計算

車の購入を考えている時、その車に乗っている自分の姿を想像してワクワクしますよね。 ただ、気になるのは維持費。 CR-Vのような見栄えの良いSUVは、維持費が高いイメージがあります。 格好よくCR-Vを ...

続きを見る

ランクインした、どのSUVも25㎞/ℓ以上で、1か月の燃料代も5.000円台です。

ハイブリッドの燃費の良さが分かりますね。

 

ガソリン

順位 車名 カタログ燃費 1か月の燃料代
1位 ホンダ ヴェゼル 19.2~20.6㎞/ℓ ¥6.626~¥7.109
2位 ホンダ ヴェゼル(4WD) 19.0㎞/ℓ ¥7.184
3位 日産 ジューク 18.0㎞/ℓ ¥7.583
4位 スズキ エスクード(4WD) 17.4㎞/ℓ ¥7.844
5位 日産 ジューク(2010年モデル) 17.2㎞/ℓ ¥7.936

(ハイブリッドを除く)

1位2位に再びホンダ ヴェゼルがランクインしています。

ハイブリッドグレードでなくても、上位に入る燃費はすごいですね。

(詳しくは「ハイブリッド」の燃費ランキングの項目をご覧ください。)

3位・5位は、ジュークがランクインしました。

日産 ジューク

参考サイト:日産公式サイト

個性的な外観とスポーティな走行性能が人気です。

内装や外装を自分好みの組み合わせで選べるので、自分仕様の車にできます。

残念ながら、2019年末で生産終了となりました。

今後日産では、後続SUVを発売する予定とのことです。

どのようなSUVが登場するのか楽しみですね。

  • ランクイングレード:15RX/15RX V Selection/15RX V Urban Selection 1.5ℓガソリンエンジン
  • 価格 201万円~235万円

スズキ エスクード

参考サイト:スズキ公式サイト

1988年に発売開始され、現在は2015年にフルモデルチェンジされた4代目です。

発売当初から、本格クロスカントリーと街乗りの走行性能も併せ持ったSUVでした。

4代目は、ターボエンジンの走行性能と路面にあわせた走行モードを選べる機能があります。

安全装備も「スズキセーフティサポート」が標準装備されています。

  • 1.4ℓターボエンジン(フルタイム4WD)
  • 価格 270万円
エスクードの燃費って悪いの?実燃費を公開します

本格4WDのSUV車、エスクード。 SUV車は燃費が悪いというイメージがありませんか? 燃費が悪いとガソリン代がかさんでしまいます。 車のために、自分の食事や大好きな人へのプレゼントを我慢するのか…悩 ...

続きを見る

ガソリンのランキングでは、同じ車種2WDと4WD両方のグレードが上位に入る結果でした。

 

ランクインした車種をこえるSUVが登場しています。

2019年11月に発売された新型SUV、ダイハツ ロッキーです。

参考サイト:ダイハツ公式サイト

JC08 モード22.8~23.4㎞/ℓで、1か月の燃料代に換算すると5.833円~5.987円。

4WDでも21.2㎞/ℓで、1か月6.439円の燃料代に換算されます。

これは、ランキングに入れば、1位2位を独占する数値です。

コンパクトSUVですが、ゆとりのある室内に、369ℓという大容量の荷室もアウトドアに最適です。

  • 全グレード 1.0ℓターボエンジン(4WD含む)
  • 価格 170万円~242万円

ディーゼル

順位 車名 カタログ燃費 1か月の燃料代
1位 マツダ CX-3 21.0~25.0㎞/ℓ ¥4.592~¥5.467
2位 ミニ クロスオーバー 21.2~21.3㎞/ℓ ¥5.390~¥5.415
3位 プジョー 3008 18.7㎞/ℓ ¥6.139
4位 マツダ CX-5 17.2~18.0㎞/ℓ ¥6.378~¥6.674
5位 マツダ CX-8 17.0~17.6㎞/ℓ ¥6.523~¥6.753

参考価格114.8円/ℓ 参考サイト:e燃費

ディーゼル車は車種が少ないため、グレード別ではなく車別にしています。

国産ディーゼル車はマツダのCXシリーズが1位・4位・5位を占めています。

マツダ CX-3

参考サイト:マツダ公式サイト

コンパクトクロスオーバーSUVとして、2014年に発売開始されました。

2018年にエンジンおよび装備が大幅改良されて、燃費も向上しています。

  • 1.8ℓターボクリーンディーゼルエンジン
  • 価格 248万円~315万円
CX-3
CX-3の燃費は悪いの?ディーゼルとガソリンの実燃費を検証

洗練されたデザインで、格好いい大人の車として人気が高いマツダのSUV。 その中でもCX-3は、街乗りに便利なサイズかつ乗り心地にこだわったコンパクトSUVとして人気です。 でも、SUVって燃費が悪いイ ...

続きを見る

ミニ クロスオーバー

参考サイト:MINI公式サイト

クロスオーバーSUVとして、2010年にヨーロッパで発売開始。

日本名は「クロスオーバー」ですが、海外では「カントリーマン」という名称です。

2014年のマイナーチェンジで、ディーゼルグレードが追加されました。

日本仕様として、立体駐車場に入れるようルーフアンテナを変更し、全高1500㎜に納めています。

  • 2.0ℓクリーンディーゼルエンジン
  • 価格 424万円~448万円

プジョー 3008

参考サイト:PEUGEOT公式サイト

2009年にフランスで発売され、日本では2010年に発売開始されました。

プジョーが自社開発した初のSUVです。

2017年にフルモデルチェンジしています。

  • GTグレード 2.0ℓターボクリーンディーゼルエンジン
  • 価格 456万円
プジョー3008の実燃費は?ガソリンとディーゼルで比較

「プジョー3008って結構カッコいいし気になるんだけど、燃費はどうなんだろう?」 「今乗ってるヨーロッパのセダンと比べて、燃費はどうなの?」 「カタログ燃費って、あてにならないんだよなぁ。」 プジョー ...

続きを見る

マツダ CX-5

参考サイト:マツダ公式サイト

クロスオーバーSUVとして2012年に発売。

新型エンジンや操作性・安全性を向上させた車体構造など新技術を搭載して登場しました。

  • 2.2ℓターボクリーンディーゼルエンジン
  • 価格 293万円~362万円
CX-5の維持費はいくら?ディーゼルとガソリンの違いも徹底比較!

家族で遠出する場合、荷物をいっぱい積めてパワフルなSUV車が安心です。 中でも、クロスオーバーSUVとして、多くのグレードを展開するマツダCX-5。 CX-5なら、アウトドア派の子どもやドライブ好きの ...

続きを見る

マツダ CX-8

参考サイト:マツダ公式サイト

2017年に発売されたクロスオーバーSUVの最上位モデルです。

ミニバンに代わる3列シートSUVという位置づけで、6人~7人乗りグレードがあります。

  • 2.2ℓターボクリーンディーゼルエンジン
  • 価格 382万円~467万円
CX-8の維持費は高いの?税金や車検代、ガソリン代をシミュレーション

3列シートの車に乗って広い公園で家族と犬を連れてドッグランに行ったり、友人を連れてバーベキューに行ったり、憧れますよね。 そんな願いを叶えてくれるCX-8ですが気をつけないといけないことがあります。 ...

続きを見る

ディーゼルのランキングでは、ガソリン車に比べて、1ℓ当たりの走行距離は少ないです。

けれども、軽油なので燃料代はガソリン車より安く抑えられています。

 

駆動式別の燃費ランキング

アウトドアの場合、4WDでしっかり路面をつかんで走りたい場面があります。

4WDの燃費はどのくらいなのか、気になるところです。

ランキングで確認していきましょう。

駆動式は、4WDと2WDに分けてランキングしています。

4WD

順位 車名 カタログ燃費 1か月の燃料代
1位 トヨタ RAV4(ハイブリッド) 25.0㎞/ℓ ¥5.460
同1位 ホンダ CR-V (ハイブリッド) 25.0㎞/ℓ ¥5.460
2位 ホンダ ヴェゼル(ハイブリッド) 21.6~24.2㎞/ℓ ¥5.640~¥6.319
3位 マツダ CX-3(ディーゼル) 23.4㎞/ℓ ¥4.906
4位 トヨタ ハリアー(ハイブリッド) 21.4~21.8㎞/ℓ ¥6.261~¥6.379
5位 ミニ クロスオーバー(ディーゼル) 21.3㎞/ℓ ¥5.390

4WDもハイブリッド車が上位を占める結果になりました。

1位がトヨタRAV4とホンダCR-Vの2台でした。

どちらも25.0㎞/ℓですが、WLTCモードで燃費を確認してみます。

  • RAV4  20.6㎞/ℓ
  • CR-V 20.2㎞/ℓ

わずかにRAV4が上回っていました

(1位~3位のSUVは、「ハイブリッド」の項目でご紹介しています。)

トヨタ ハリアー(ハイブリッド)

参考サイト:トヨタ公式サイト

1997年に発売された高級志向のクロスオーバーSUVです。

上質な乗り心地と快適な室内空間を備えています。

2013年にフルモデルチェンジし、外見のデザインを大きく変えました。

2016年のマイナーチェンジでは、「トヨタセーフティセンス」を全車に搭載しています。

  • 2.5ℓハイブリッドエンジン
  • 価格 384万円~468万円
ハリアーの実燃費が悪いってホント?燃費向上テクニックも教えます

「新型・旧型ハリアーの燃費はどのくらい違うの?」 「1か月間どのくらい費用がかかる?」 そんな疑問にお答えすべく、ハリアーの燃費を徹底的に検証しました! さらに、燃費をアップさせる運転テクニックもご紹 ...

続きを見る

(5位のミニクロスオーバーは、「ディーゼル」燃費ランキングの項目をご覧ください。)

3位と5位にディーゼル車がランクインしていますが、燃料費はダントツの1位です

ガソリン車とディーゼル車の燃料代の違いがよく分かる結果となりました。

2WD

順位 車名 カタログ燃費 1か月の燃料代
1位 トヨタ C-HR(ハイブリッド) 30.2㎞/ℓ ¥4.518
2位 ホンダ ヴェゼル(ハイブリッド) 23.4~27.0㎞/ℓ ¥5.056~¥5.829
3位 レクサス UX(ハイブリッド) 27.0㎞/ℓ ¥5.056
4位 ホンダ CR-V(ハイブリッド) 25.8㎞/ℓ ¥5.291
5位 マツダ CX-3(ディーゼル) 25.0㎞/ℓ ¥4.592

こちらの順位はハイブリッド車のランキングとほぼ同じです。

それぞれのSUVの紹介は「ハイブリッド」の燃費ランキングの項目をご覧ください。

5位にディーゼル車のマツダ CX-3がランクインしています。

CX-3の1か月の燃料代は、1位のトヨタ C-HRに次ぐ金額となりました。

 

外車SUVの燃費ランキング

ランキングには、国産SUVだけでなく、外車もランクインしています。

外車だけを選んでランキングしてみました。

順位 車名 カタログ燃費 1か月の燃料代
1位 ミニ クロスオーバー(ディーゼル) 21.2~21.3㎞ ¥5.390~¥5.415
2位 プジョー3008(ディーゼル) 18.7㎞/ℓ ¥6.139
3位 フォルクスワーゲン ティアグン(ディーゼル) 17.2㎞/ℓ ¥6.674
4位 BMW X3(ディーゼル) 17.0㎞/ℓ ¥6.753
5位 フォルクスワーゲン ティアグン 14.6~16.3㎞/ℓ ¥8.374~¥9.349

こちらは、1位~4位をディーゼル車が占めています。

外車で燃費がいい車種は、クリーンディーゼル車という結果になりました。

(1位・2位は、「ディーゼル」の燃費ランキングを参考にしてください。)

フォルクスワーゲン ティアグン

(5位のガソリングレードも合わせて紹介)

参考サイト:Volkswagen公式サイト

ドイツの「都会派コンパクトSUV」として、街乗りもアウトドアにも人気の車種です。

5位のティアグンはガソリン車のため、燃料代が高くなります。

  • 2.0ℓディーゼルエンジン・1.4ℓターボエンジン
  • 価格 399万円~460万円(ガソリングレード)・508万円(ディーゼルグレード)

BMW X3

参考サイト:BMW公式サイト

2004年に発売開始され、現在は2017年にフルモデルチェンジされた3代目です。

BMWはSUVではなく「SAV(Sports Activity Vehicle)」と提唱しています。

アウトドアに“使える”乗り物ではなく、より“楽しむ”乗り物にしたい。

オフロードの走行性能や操作性を高め、さらに乗り心地も追及しています。

  • ランクイングレード:xDrive20d/xDrive20d M Sport  2.0ℓディーゼルエンジン
  • 価格 742万円~745万円

 

燃費は車の使い方で変わる

基本的には、その車の走行性能や環境性能によって燃費が決まります。

けれども、燃料を多く消費する使い方・走り方をすれば、その性能を十分生かすことができません。

燃費向上のためのポイント

  • 不必要なアイドリングをしない
  • 急発進・急加速をしない
  • 不要な荷物は積み込まない

さらに、大切なのは「車選び」です。

愛車の性能を十二分に発揮させるには、使い方にあわせた車選びが重要なのです。

目的に合わせたSUVの選び方

燃費ランキングで分かるように、燃費が良い車はハイブリッドの2WD車でした。

けれども、車選びは燃費だけでは決められません。

目的別の選び方

  • 本格的にアウトドアがしたい ⇒4WDをおすすめ
  • 街乗りが主でアウトドアは時々出かける程度 ⇒2WDでもOK
  • 普段使いもアウトドアも楽しみたい ⇒ハイブリッド+4WD

また、排気量や車体重量も燃費に大きく影響します。

燃費ランキングの上位にはコンパクトSUVが多くランクインしていました。

車体重量が軽く、燃費を抑えることができるからです。

でも、家族の人数や使い方にあったSUVでなければ、楽しくドライブできません。

  • 1~2人でアウトドアを楽しむ ⇒軽自動車のSUV
  • 家族全員でアウトドアを楽しみたい ⇒6~7人乗りの3列シートSUV
  • 車中泊もしたい ⇒フルフラットになるシートアレンジができるSUV
  • ロングドライブが多い ⇒乗り心地を重視したSUV

今や、様々なタイプが登場しているSUV。

どんな場面で、どんな使い方をしたいのか?

使い方や目的に必要な性能を持ったSUVを選べば、燃費も必要な分だけに抑えられます

同じSUVでも、目的に合わない車を選んでしまうと、出かける楽しさや運転の楽しさが半減してしまうかも。

使う目的をはっきり決めれば、自分や家族に最適なSUVが決まってくるはずです。

まずは、現在の車の使い方をチェックしてみましょう。

さらに、これからどんなことに使いたいのかリストアップ。

今の使い方とこれからの使い方2つに合うSUVを見つけだしましょう!

 

まとめ

SUVの燃費を燃料別・駆動式別・外車別に比較してみました。

  • ハイブリッド車では、C-HRが30.2㎞/ℓで1位
  • ガソリン車では、ホンダヴェゼルが20.6㎞/ℓで1位。4WDでも3位にランクイン
  • ディーゼル車では、マツダのCXシリーズが3台ランクイン。1位はCX-3の25.0㎞/ℓ
  • 4WD車では、トヨタRAV4が25.0㎞/ℓで1位。ハイブリッド車とディーゼル車が拮抗した
  • 2WD車は、ハイブリッドランキングとほぼ同じだが、マツダ CX-3がランクイン
  • 外車では、ミニ クロスオーバーが21.3㎞/ℓで1位。1~4位までディーゼル車

燃費が良い車は数多くありますが、SUVはアウトドアも楽しめる車です。

燃費だけで決めてしまうと、使い方によっては後悔することも。

使う目的や暮らしにあったSUVを選びたいですね。

【車をお得に買い替えるマル秘テク】最大52万円もお得に!

『車を買い換えたい』と思っている方は、これだけは知らないとをしてしまいます!

車を買い換えるとき、今まで乗っていた愛車をディーラーに下取りに出していませんか?

下取りは損をする可能性が高いです。

営業マンは、本来の下取り額よりも安く見積もって、値引きが大きくなったように見せかけるなどというテクニックも使ってきます。

だから、まず買い替え準備として行うことは、愛車の正しい価値を知ること。

ネットの一括査定を使うと、複数の大手車買取店が値段をつけてくれます。

一括査定名なので、大手業者同士が勝手に争ってくれて、査定額も高くなるです。

下取りよりも平均で16万円も高くなったというデータもあります。

 

愛車を高く売って、グレードアップしてもいいし、好きなオプションをつけるのもよし。家族旅行の貯金に回してもいいですね!

50万円も高くなった方も!/

 

営業マンに騙されるな!新車をとことん安くする「値引き交渉マニュアル」

車欲しいなぁ・・・。でもお金ないし。 お金のことで新車を諦めている方もいるかも知れませんね。 でも、もし欲しい新車が50万円いや、80万円も安く買えるとしたらどうでしょうか? 300万円の新車が220 ...

続きを見る



-維持費

Copyright© 【SUV BUFF】SUV乗り換えガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.