SUVとは

SUVで車中泊するならオススメ車種はコレ!グッズも紹介

思いついたらすぐ泊まれる車中泊は、今人気ですよね。

道の駅など、施設の充実も後押ししています。

「でも車中泊にSUVはイマイチ?」

そんな疑問もよく聞きます。

確かに、空間の広さ(特に高さ)はワンボックスカーやミニバンの方が有利

でも、車中泊できるSUVはちゃんとあります

ここでは、車中泊にオススメのSUVをサイズごとに紹介。

ぜひそろえたい車中泊グッズもまとめました。

工夫や改造で、快適な車中泊を送っている動画も紹介しています。

ぜひ参考にしてくださいね。

車中泊、ここがポイント

車中泊するにはどんな条件が必要でしょうか。

車種を選ぶ際、注意すべきポイントはこちらです。

フルフラットに(近く)なること

一晩寝て次の日、体調がイマイチだとせっかくの旅行や遠出が台無しです。

車中泊に求める一番のポイントは、体がしっかり休まること

そのためには、良質な睡眠の取れる平らな場所が必要

平らな場所を確保するためには、フルフラット、もしくはそれに近い形状になる車が必要です。

車内が広いこと

平らなだけではなく、車内においてある程度の高さも必要です。

睡眠前後のリラックスのためには、大人が座って作業できる程度の高さがほしいところ。

次に紹介するSUVでは、どれも立てる高さはありません

日本人男性の座高の平均は92cm程度。

やや猫背になる場合もありますが、座っての作業は可能です。

でも、人によっては「この低さは厳しい」と感じることも。

車を選ぶ時は、試乗の際にぜひこの2点を確認してみましょう。

SUVで車中泊!オススメ車種

それでは、車中泊にオススメのSUVを見ていきましょう。

大型・ミドルサイズ・コンパクトのサイズ別に紹介します。

【大型SUV】マツダCX-8

参照元:CX-8公式

車体サイズ(mm,全長/全幅/全高) 4,900/1,840/1,730
室内サイズ(mm,長/幅/高) 2,690/1,540/1,250
最大車中泊サイズ(mm,長) 2,320
車両価格 294.8万円~
カタログ燃費 11.6~15.8km/l
(WLTCモード)
定員 6人,7人

2018年3列シートSUVで販売台数1位のCX-8。

売れる理由のひとつが、車内の広さです。

つまり車中泊に適しているということ。

2,3列目シートを倒すと、確保できる長さは2,320mm。

SUVの中で圧倒的に長いです。

ただし、6人シートと7人シートがあるので要注意。

7人シート

6人シート

参照元:CX-8公式

車中泊にオススメは7人シート

2列目がベンチシートなので倒せばフルフラットに。

6人シートだと、2列目の中央が通路かコンソールボックスになってしまいます。

通路ならば埋めればまだ使えますが、コンソールボックスの場合は厳しいです。

Exclusive Modeのセカンドシートはフルフラットにはなりません。

引用元:CX-8公式

【大型SUV】トヨタランドクルーザープラド

参照元:ランドクルーザープラド公式

車体サイズ(mm,全長/全幅/全高) 4,825/1,885/1,835-1,850
室内サイズ(mm,長/幅/高) 2,520/1,565/1,240
最大車中泊サイズ(mm、長) 2,070
車両価格 353.8万円~
カタログ燃費 9.0~11.8km/l
(JC08モード)
定員 5人,7人

プラドも5人乗りと7人乗りのラインナップがあります。

車中泊を考えているなら、断然7人乗りがオススメ

5人乗りの場合、後部シートを倒した場合のフラットスペース(長さ)は1,680mmしかありません。

7人乗りであれば、2mを超える長さがあります。

参照元:ランドクルーザープラド公式

フラットスペースについては、口コミで傾斜への対策が必要との声も。

 セカンドが若干傾斜しているのでマットが滑りやすいモノだと後部にずれ落ちます

引用元:価格.com

注目ポイントは、荷室高が860mmとSUVの中では高めなこと。

傾斜に対応できれば快適な車内泊ができるでしょう。

【ミドルサイズSUV】三菱アウトランダーPHEV

参照元:アウトランダーPHEV公式

車体サイズ(mm,全長/全幅/全高) 4,695/1,800/1,710
室内サイズ(mm,長/幅/高) 2,750/1,495/1,235
最大車中泊サイズ(mm、長) 1,700
(リアの座面を外せば
2,000近く)
車両価格 393.9万円~
カタログ燃費 16.4km/l
(ハイブリッド燃料消費率 WLTCモード)
定員 7人

アウトランダーにはプラグインハイブリッドとガソリン車のラインナップがあります。

それぞれ定員が異なります。

プラグインハイブリッド:5人

ガソリン車:7人

定員は少ないですが、ここではPHEVを紹介します。

なぜなら、エンジンをとめても車内で電気機器を使えるメリットがあるから。

宿泊に電気が使えるか使えないかは大きいですよね。

暖房器具が使えると、車内泊可能な季節も広がります。

ただし、フラットスペースの長さは正直短め

大柄な人には厳しいでしょう。

でも、二箇所あるネジを外すだけでフラットスペース拡大の余地があります。

次の動画では、手軽にフラットスペースを拡張しています。

これだけの手間で睡眠環境がよくなるなら、ぜひ試してみたいところですね。

【ミドルサイズSUV】スバルフォレスター

引用元:フォレスター公式

車体サイズ(mm,全長/全幅/全高) 4,625/1,815/1,715-1,730
室内サイズ(mm,長/幅/高) 2,100-2,110/1,545/1,270
最大車中泊サイズ(mm、長) 1,570
(二列目の足元を埋めれば1,800近く)
車両価格 286万円~
カタログ燃費 13.2~14.0km/l
(WLTCモード)
定員 5人

悪路の走破性が高いことでも人気の一台。

リアシートを倒すことで簡単にフラットスペースが生まれます。

参照元:フォレスター公式

ただし、その長さは160cm未満。

これだけでは長さが足りない人が多いでしょう。

でも、まだ余地はあります。

リアシートの足元のスペースが空くので、ここに合うサイズの収納コンテナを置けばバッチリ。

荷物の置き場も確保できて、一石二鳥の拡張スペースです。

【コンパクトSUV】ホンダヴェゼル

参照元:ヴェゼル公式

車体サイズ(mm,全長/全幅/全高) 4,330-4,340/1,770-1,790/1,605
室内サイズ(mm,長/幅/高) 1,930/1,485/1,265
最大車中泊サイズ(mm、長) 1,600
(二列目の足元を埋めれば1,800近く)
車両価格 211.3万円~
カタログ燃費 17.6-27.0km/l
(JC08モード)
定員 5人

コンパクトなのに、車中泊できる貴重な一台。

リアシートを倒すとほぼフルフラットになるのが大きな利点です。

参照元:ヴェゼル公式

でもそれだけでは、フォレスター同様160cm程度しかスペースがありません。

一列目を前に移動させ、うまれた隙間をコンテナボックスなどで埋めましょう。

そのうえにマットを置くことで、180cm程度の長さを確保できます。

【コンパクトSUV】スズキジムニーシエラ

参照元:ジムニーシエラ公式

車体サイズ(mm,全長/全幅/全高) 3,550/1,645/1,730
室内サイズ(mm,長/幅/高) 1,795/1,300/1,200
最大車中泊サイズ(mm、長) 1700
(社外品マット利用で1,840)
車両価格 179.3万円~
カタログ燃費 13.6~15.0km/l
(WLTCモード)
定員 4人

とてもコンパクトなSUV、ジムニーシエラ。

でも、意外と車中泊の選択肢になるんです。

参照元:ジムニーシエラ公式

純正のマットを使えばこの空間がうまれます。

また、やや高額(98,000円)ですが社外品にはこんな商品も。

101TentCar スズキジムニー(JB64W/JB74W)専用 コンフォートフルフラットベッドキット[フルサイズ]

参照元:トイファクトリー公式

マットの長さは最大1,840mm。

足を伸ばして寝ることができますね。

ただし2人だと余分なスペースはほとんどありませ

載せる荷物は厳選しましょう。

車中泊で大活躍!揃えたい便利グッズ

車中泊にはぜひ使いたいグッズがあります。

ここではおさえておきたい4点を厳選。

おすすめマット

シートアレンジでフルフラットになっても、車の材質は硬いもの。

その上にひくマットを選ぶことで、上質な睡眠に近づけます。

一回限りであれば、ニトリで購入して後は家で使うというケースも

ここでは、『何度か使いたいので車専用を』という場合のオススメを紹介します。

オンリースタイル 車中泊専用マット

参照元:Amazon

車中泊用にマットを探している人が最終的にたどり着く一枚。

価格は1万円代後半と安くないですが、アマゾンでは4.3と高評価(5点満点)。

これを買い足したおかげで車中泊が快適になったという声が多いです。

カーテン、サンシェード

車中泊は、車の中がプライベートルームです。

外から丸見えは避けたいですよね。

まぶしい日差しもイヤなもの。

そこで必要なのが、カーテンやサンシェードです。

カーテンとサンシェード、似ているようで特徴に違いも。

簡単にまとめました。

☆カーテン

【メリット】

・比較的安価

・部屋のような雰囲気が出る

【デメリット】

・取り付けの手間がかかることも

・隙間ができやすい

・断熱性は期待できない

☆サンシェード

【メリット】

・取り付けが簡単

・断熱性のあるものも選択可

・サイズの合ったものを買えば隙間ゼロ

【デメリット】

・比較的高価

・窓の開閉に一手間かかる(シェードをずらしてからの操作)

買ったもののイマイチ、という失敗は避けたいもの。

ここでは、設置の目的『目隠し』『日よけ』をバッチリ果たすサンシェードを紹介します。

プライバシーサンシェード【フロント用】【リア用】

参照元:楽天市場

カーテンより「プライバシーサンシェード」が選ばれる理由!【フロント用】車内で仮眠、紫外線 日除け 盗難防止

カーテンめちゃ売れ!プライバシーサンシェード【リア用】

楽天市場で車用サンシェード・カーテン部門1位の売上をうたっている商品です。

フロント用とリア用、どちらも購入すると25,000円近くになりますが、高品質が人気

車種ごとに商品が用意されているので、サイズはバッチリです。

照明

暗くなってきて作業ができないというのは不便なもの。

ギリギリまで外の施設にいるとしても、車内の照明は必要です。

スマホの照明という手もありますが、充電の減りを考えるとあまり使いたくはありません。

そこでオススメなのがLEDランタン

乾電池で十分な光量を確保できます。

注意したいのは、明るすぎないこと

あまりに明るい照明をひとつだけ置くのはオススメしません。

狭い車内で明るすぎる光があると寝付きが悪くなってしまいます。

明るすぎない照明を複数置くのがポイントです。

GENTOS(ジェントス) LED ランタン

参照元:Amazon

一方向だけが明るいというLEDランタンも多い中、周囲をまんべんなく照らしてくれる優れものです。

キャンドルモードがあり、キャンプ感も味わえます。

吊り下げることもできるので、車内のスペースが有効利用できますね。

虫除け網戸

暑い季節の車中泊では、涼むために窓を開けたいもの。

でも虫が入るのはイヤですよね。

そんなときのために、車で使える網戸があります。

ウィンドーネット (SUV車用) 車用網戸

参照元:Amazon

取り付けは簡単。

窓にかぶせて磁石で固定するだけ。

でも、窓枠のないドアには取り付けられないので要注意

どうしてもフルフラットにしたい!改造するには?

SUVは車中泊前提に作られた車ではありません。

もうちょっとこの傾斜がなかったらなぁと思うことがあるよ

ここでは、工夫することで居心地のいい車中泊空間を実現している動画を紹介します。

参考にしてくださいね。

身近な素材でフォレスターの凸凹をフラットに

身近な素材でここまで快適さを追求できることに驚き。

これならやってみようと思えます。

手作りの床まで!便利グッズを揃えて快適なCX-8ソロキャンプ

折りたたみ式の木の床までが手作り。

作り上げられる『基地感』は体感してみたくなります。

まとめ

車中泊にオススメのSUVをサイズごとにまとめました。

『かっこいいSUVに乗りたい』と『車中泊』の両立は可能です。

・2m超えのフラットスペース確保には、CX-8やランクルプラド

・乗り回ししやすいミドルサイズSUVでも工夫次第で2m近い長さが可能

・マットやサンシェードを用意することで睡眠や滞在の快適さアップ

・さらに快適さを追求するなら改造の余地も

自分の車がホテルになると思うとワクワクしますよね。

気になる車は、ぜひ実車でサイズ感を体感してみましょう。

この記事を参考に、あなたに合う一台を選んでくださいね。

 

【車をお得に買い替えるマル秘テク】最大52万円もお得に!

『車を買い換えたい』と思っている方は、これだけは知らないとをしてしまいます!

車を買い換えるとき、今まで乗っていた愛車をディーラーに下取りに出していませんか?

下取りは損をする可能性が高いです。

営業マンは、本来の下取り額よりも安く見積もって、値引きが大きくなったように見せかけるなどというテクニックも使ってきます。

だから、まず買い替え準備として行うことは、愛車の正しい価値を知ること。

ネットの一括査定を使うと、複数の大手車買取店が値段をつけてくれます。

一括査定名なので、大手業者同士が勝手に争ってくれて、査定額も高くなるです。

下取りよりも平均で16万円も高くなったというデータもあります。

 

愛車を高く売って、グレードアップしてもいいし、好きなオプションをつけるのもよし。家族旅行の貯金に回してもいいですね!

50万円も高くなった方も!/

 

営業マンに騙されるな!新車をとことん安くする「値引き交渉マニュアル」

車欲しいなぁ・・・。でもお金ないし。 お金のことで新車を諦めている方もいるかも知れませんね。 でも、もし欲しい新車が50万円いや、80万円も安く買えるとしたらどうでしょうか? 300万円の新車が220 ...

続きを見る



-SUVとは

Copyright© 【SUV BUFF】SUV乗り換えガイド , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.