【マジ!?車買い替えで損してた・・・】

83.5%の人は車の買い替えで10万円以上も損をしています。

なぜなら、愛車をディーラー下取りに出すから。

あなたは、自分の愛車の正確な価値を知っていますか?

「車がほしいけどお金が・・・。」

とお金の心配をしているなら、買取専門店で査定してみてください。

なんと下取りより50万円も高く売れた!という方もいるんです。

購入資金に余裕が出ますよね^^

まずはあなたの愛車の正確な価値を知ることから始めましょう!

たった45秒で50万円Get!?

CX-3

CX-3の評価は辛口が多い!内装・乗り心地・価格に欠点あり?

投稿日:

マツダのコンパクトSUV、CX-3。

口コミを見てみると、辛口評価が多いんです。

とくに内装・乗り心地・価格の評価の低いこと…。

購入を検討している人にとっては、聞き捨てならない情報ですよね。

「CX-3を買って後悔しない?

納得して購入するために、利点・欠点を含めた、CX-3のありのままの姿に迫りましょう。

口コミやレビューからわかる、CX-3の

  • 外観デザイン
  • 内装デザイン
  • エンジン
  • 走行性
  • 乗り心地
  • 燃費
  • 価格

の評価をまとめました。

良い評価から辛口評価まで、購入を検討している人はぜひ参考にしてください。

 

【外観の評価】美しく気品あるデザインが好評

良い評価

  • フロントデザインがカッコイイ
  • なめらかな曲線美が魅力的
  • 丸めのデミオより、上品な雰囲気

悪い評価

  • リアデザインがいまいち
  • 後姿がデミオと見分けがつかず残念

 

曲線美がうみだす気品とカッコよさ

CX-3の外観デザインは、

「カッコイイ」「美しい」

と好評です。

「デザインに惚れて購入した!」

というオーナーも多いんです。

 

ベースモデルとなったコンパクトカー「デミオ」と比べられることも。

「よく似ているけれど、デミオよりシュッとしていてカッコイイ!」

という評価も多いです。

たしかにデミオはCX-3と似ていますが、全体的に丸みを帯びて可愛らしい印象ですね。

<デミオ>出典:マツダ公式

フロントデザインも、CX-3はランプが切れ長でグリルも大きく、大人な顔つき

こうして並べてみると、顔のよく似た親(=CX-3)と子(=デミオ)のようですね。

<(左)CX-3(右)デミオ>出典:マツダ公式

 

後姿はベースモデル「デミオ」と変わらずガッカリ感も

この後姿、街中で見かけても、どちらがCX-3かデミオかわかりませんよね。

CX-3とデミオの後姿は見分けがつかないぐらいそっくりなんです。

そこに「ガッカリ」という辛口評価が多いのは、CX-3とデミオの価格差が理由です。

価格
CX-32,127,600円~
デミオ1,393,200円~

ベースグレードを比較すると、CX-3は70万円以上も高いんですね。

デミオより高級仕様のはずなのに、後姿はそっくり。

「リアデザインにも違いを出してほしかった…

という辛口評価も多いんです。

 

【内装の評価】安っぽい?高級?評価がわかれる狭い室内

良い評価

  • シックで落ち着きがある
  • モダンでこぎれいな雰囲気

悪い評価

  • メーターやインパネが安っぽい
  • 狭い。とくに後部座席が窮屈

「安っぽい」と「高級」に評価がわかれる

CX-3の内装評価は、

  • 「安っぽい」という低評価
  • 「落ち着きや高級感がある」という高評価

にはっきり分かれます。

 

ベースグレードの内装をみてみましょう。

たしかにスイッチまわりなどプラスチック感が強く、「安っぽい」というのも納得です。

一方で、へたな小細工や遊びのない「落ち着き」も感じられます。

ライバル車とされる、日産・ジュークスバルXVの内装とも比べてみましょう。

ジュークの内装も、ベースグレードはプラスチック感が強いです。

しかし銀色に輝くシフトレバーやカップホルダーが近未来的なデザインで、遊び心がありますよね。

<ジューク>出典:日産公式

スバルXVの内装は、これでもかと先進性を取り入れた内装。

オプションナビとは別に標準装備されたモニター。

デザイン性・視認性にすぐれた液晶メーターなど…。

落ち着きよりも、ワクワク感を感じさせるデザインですよね。

<スバルXV>出典:スバル公式

もう一度、CX-3の内装をみてみましょう。

今度は最上位グレードの20S L・XD Lパッケージ。

ぱっと見た感じ、ベースグレードとさほど変わりません

しかし、パネルやドアまわりをよく見てみましょう。

一部に、ステッチが施されたスウェード調素材が使われています。

よく目をこらすと、ふとした所にさりげない上質感。

「自己主張しない高級感に、粋を感じる!」

という高評価も多いんですね。

  • ベーシックな内装を、「落ち着く」と感じるか「安っぽい」と感じるか
  • 控えめな高級感を、粋と感じるか感じないか

それが、CX-3の内装評価がはっきりわかれる理由なんですね。

 

とにかく狭い!

内装の辛口評価に多かったのが

「とにかく狭い!」

という声。

 

ライバル車と、室内サイズを比べてみましょう。

室内(長/幅/高)
マツダ CX-31,810 / 1,435 / 1,210
トヨタ CH-R1,800 / 1,455 / 1,210
日産 ジューク1,835 / 1,470 / 1,215
ホンダ ヴェゼル1,930 / 1,485 / 1,265
スバル XV2,085 / 1,520 / 1,200

CX-3は、全長などの車体もコンパクトですが、室内サイズも小さめ。

とくに室内幅がダントツに狭いことがわかります。

室内幅が狭いと圧迫感があるため、サイズ以上に窮屈さを感じるんですね。

 

また気になるのは「後部座席が特に狭い」との声。

身長170cm前後の男性が後部座席に座ったとき、前方席と膝先の余裕は

  • CX-3:握りこぶし1つ
  • CH-R:握りこぶし2つ弱
  • ヴェゼル:握りこぶし2つ半以上

ライバル車と比べて、後部座席がこれまたダントツで狭いですね。

 

しかし、運転席には余裕があるんです。

試乗レビューや口コミを調べていると、

  • 運転席は、ヴェゼルやCH-Rと比べてポジションに余裕がある
  • 運転席の背もたれの角度や、足元に余裕がある

という評価が多いんですね。

つまり、コンパクトな室内で運転席に余裕を持たせた結果、後部座席が窮屈になったんですね。

CX-3は、後部座席もフルに使って大人数でドライブをするには不向きです。

しかし前方席を中心に、少人数でドライブをするには快適な車なんですね。

 

CX-3の内装については、こちらの記事でも詳しくまとめています。

CX-3の内装はしょぼいのか?高級感から後部座席の使い勝手まで

マツダCX-3といえば、その洗練された欧州車のようなデザインが発売当初から注目を集めてきました。 しかし、実際に運転していて目に入るのはインテリア。 いくら外観が美しくても、インテリアに不満があっては ...

続きを見る

 

【エンジンの評価】ガソリンよりディーゼルが人気!本体価格差は燃料費でカバーできる

良い評価

  • 音や振動が気にならない(ディーゼル)
  • 力強い走りが、とくに上り坂で発揮される(ディーゼル)

悪い評価

  • パワー不足気味(ガソリン)

CX-3には、ガソリンモデル(20S)とディーゼルモデル(XD)があります。

  • 抜群の加速力
  • 走りの気持ち良さ
  • 燃費の良さ

といった点から、ディーゼルモデルが人気です。

ディーゼル特有の音や振動も気にならない、と評判です。

 

しかしディーゼルモデルは、ガソリンモデルに比べて全グレード約30万円程高いんですね。

しかし本体の価格差は、燃費の良さでカバーできます。

  • ガソリンモデル(2WD)の燃費は16.0~16.2km/l
  • ディーゼルモデル(2WD(FF))の燃費は20.0~23.2km/l

仮に10万km走ったときの燃料費(※)は、

  • ガソリンモデル(2WD)は約900,000円
  • ディーゼルモデル(2WD(FF))は約625,000円

(※)レギュラーガソリン144円/l、軽油125円/lとして計算。e燃費「ガソリン価格 都道府県平均」より

10万km走れば、ディーゼルモデルの方が、燃料費が約30万円ほどお得になります。

本体価格差の元が取れますよね。

とはいえ、10万kmは結構な走行距離。

ディーゼルモデルは、長距離走行が多い人・長期間乗り続ける人に特におすすめですよ。

 

【走行性の評価】「人とクルマが一体となる」運転のしやすさ

良い評価

  • 車体がコンパクトで取り回しがいい
  • GVCのおかげで運転しやすい

悪い評価

  • 走りがおとなしくて物足りない
  • 運転していて楽しくない

取り回しのきくコンパクトな車体

CX-3はSUVですが、コンパクトな車体が特徴です。

ライバル車と車体サイズを比べてみましょう。

車体(全長/全幅/全高)
マツダ CX-34,275 / 1,765 / 1,550
トヨタ CH-R4,360 / 1,795 / 1,550
日産 ジューク4,135 / 1,765 / 1,565
ホンダ ヴェゼル4,330 / 1,770 / 1,605
スバル XV4,465 / 1,800 / 1,550

他社のコンパクトカーやSUVと比べて、CX-3は全長・全幅が小さめですね。

そのため取り回しがきき、駐車などがしやすいんです。

 

GVC効果でカーブが曲がりやすい

CX-3には、G-ベクタリングコントロール(=GVC)という走行性能を向上させるシステムが備わっています。

GVCの“G”とは、重力(=gravity)のこと。

たとえばカーブでハンドルを切ると、エンジンが最適な速度に制御され、安定してカーブを曲がりきることができます。

「カーブを曲がるとき、ハンドル操作や減速が足らないと、ものすごいGを感じる…」

なんて経験ありませんか?

私は運転がうまくないので、急カーブでこのまま横転したらどうしよう…ぐらいのGを感じて冷や汗をかいたことも…。

そんな危険な場面をGVCが自動的に制御し、速度と車体を安定させ、スムーズな運転をサポートしてくれるんですね。

 

一方で、安定を追求した走行性が「物足りない」という評価も。

GVCが走行を制御するため、ハンドルからダイレクトに伝わる走行感は楽しめないんですね。

 

【乗り心地の評価】「不愉快」と辛口評価が続出

良い評価

  • 車高が高くて乗り降りしやすい
  • 一般的な舗装道路では乗り心地良い

悪い評価

  • 悪路でのバタつきや突き上げがひどい
  • 運転していて不愉快なほど揺れる
  • 後部座席の人から、乗り心地が悪いと不評

CX-3の評価でもっとも辛口なのが、乗り心地。

悪路では、運転していて「不愉快」になるほどの揺れが伝わると酷評です。

 

マツダはこうしたオーナーの声を受け、2018年のマイナーチェンジで

  • 衝撃を吸収するサスペンションの改良
  • 硬さと柔らかさを両立した新18インチタイヤの開発

をおこない、乗り心地を大幅に改善しました。

2018年マイナーチェンジ後の試乗レビューでは、

  • マイナーチェンジ前より衝撃がましになった
  • 段差の乗り越えが滑らかになった

と、乗り心地に関する評価はおおむね改善されています。

それでも悪路での揺れが気になるという人は、標準装備のタイヤを18インチから16インチに変えることで改善する場合も。

購入前には、18インチと16インチ両方のタイヤで試乗して、乗り心地を比べるのがおすすめですよ。

ただし16インチタイヤは、ベースグレード(20SまたはXD)にしかつけられません。

またホイールが92,056円~のメーカーオプションで、別途16インチのタイヤが必要になります。

それなりの出費が必要になりますので、注意してくださいね。

 

ワンランク上のSUV、CX-5も乗り心地が悪い?詳しくまとめた記事はこちら。

CX-5の乗り心地は本当に悪いの!?改善する方法はあるのか?

ミドルサイズSUVとして人気のCX-5。 発売当初から好評ですが、毎年のように改良を繰り返し「人馬一体の走り」へ、より近づきました。 思わず見とれてしまう高級感あふれる車体からして、きっと乗り心地抜群 ...

続きを見る

 

【燃費の評価】カタログ通りで悪くない

良い評価

  • 悪くない
  • おおむねカタログ通り

燃費に関しては、悪い口コミはほぼありませんでした。

「車体に比べてエンジンが小さく燃費が悪い」

という評価もありましたが、2017年・2018年のマイナーチェンジによって現在は

  • ガソリンエンジンが1.5L → 2.0L
  • ディーゼルエンジンが1.5L → 1.8L

と大きなエンジンに改良されています。

改良後のレビューでは、燃費について悪い口コミは見当たりません。

「おおむねカタログ通りで満足」

という評価が目立ちました。

 

【価格の評価】安い「デミオ」・高級「CX-5」と比べるとコスパが悪い

悪い評価

  • デミオやCX-5と比べるとコスパが悪い
  • 乗り心地や内装を考えると高い

<CX-5>出典:マツダ公式

CX-3は、

  • ベースモデルの安い「デミオ」
  • 高級SUVの「CX-5」

に比べてコスパが悪いとの評価が多いです。

デミオ・CX-3・CX-5の最低価格を比べてみましょう。

本体価格
デミオ1,393,200円~
CX-32,127,600円~
CX-52,570,400円~

CX-3とデミオの価格差は、ー734,400円。

デミオの方がずいぶん安いことがわかりますね。

その割にはサイズ・後姿・内装・安全装備もほぼ一緒なので、大きな価格差に納得がいかない人も。

 

一方、CX-3とCX-5の価格差は+442,800円。

CX-5はワンランク上のSUVです。

たとえばエンジンは、2.5Lガソリン・2.5Lターボガソリン・2.2Lディーゼルの3種類。

よりパワフルな加速と走りが可能です。

またCX-3より内装に高級感があり、後部座席も広めです。

「予算をもう少し多く見積もって、CX-5を買った方がいい」

という声もあるんですね。

 

「安い」に特化したデミオや、「高級」に特化したCX-5に比べると、CX-3の位置づけや価格が中途半端という評価なんですね。

 

まとめ

内装・乗り心地・価格を中心に、辛口評価の多いCX-3。

  • デミオと似ているけれど価格は高い
  • CX-5よりはワンランク落ちる
  • 室内が狭い
  • 運転しやすいが楽しさがない
  • 乗り心地は改良されたが、良くはない

果たして、CX-3はどんな人に向いているのでしょうか?

CX-3はこんな人におすすめ

  • CX-3のデザインが好き
  • 落ち着いた内装が好き
  • 1人~3人の少人数ドライブが多い
  • コンパクトでもカッコイイ車がほしい
  • 運転の楽しさより、運転のしやすさ・安全重視

「コンパクトカーのデミオは可愛すぎて物足りない」

「CX-5ほど大きな本格SUVはいらない」

そんなスキマニーズに、粋でこまやかな高級仕様を挟んで応えるのがCX-3なんです。

 

マツダはCX-3発売を発表したとき、CX-3というクルマをこのように評しました。

「マーケットの2%に熱狂的に支持される、尖った個性を持つクルマ」

一見、中途半端な位置付けに見えるCX-3ですが、それこそが開発の狙いなんですね。

ハマる人にはハマる、落ち着きと媚びない魅力をもつCX-3。

CX-3が気になっている人は、利点も欠点も含めて納得したうえで購入してくださいね。

【車をお得に買い替えるマル秘テク】最大52万円もお得に!

『車を買い換えたい』と思っている方は、これだけは知らないとをしてしまいます!

車を買い換えるとき、今まで乗っていた愛車をディーラーに下取りに出していませんか?

下取りは損をする可能性が高いです。

営業マンは、本来の下取り額よりも安く見積もって、値引きが大きくなったように見せかけるなどというテクニックも使ってきます。

だから、まず買い替え準備として行うことは、愛車の正しい価値を知ること。

ネットの一括査定を使うと、複数の大手車買取店が値段をつけてくれます。

一括査定名なので、大手業者同士が勝手に争ってくれて、査定額も高くなるです。

下取りよりも平均で16万円も高くなったというデータもあります。

 

愛車を高く売って、グレードアップしてもいいし、好きなオプションをつけるのもよし。家族旅行の貯金に回してもいいですね!

50万円も高くなった方も!/

 



-CX-3

Copyright© 【SUV BUFF】SUV乗り換えガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.