CX-5

CX-5の乗り心地は本当にいいの!?マイナーチェンジでさらにレベルアップ!?

更新日:

ミドルサイズSUVとして人気のCX-5。

発売当初から好評ですが、毎年のように改良を繰り返し「人馬一体の走り」へ、より近づきました。

思わず見とれてしまう高級感あふれる車体からして、きっと乗り心地抜群なんだろうな・・・

実際、乗り心地「最高!」という評価もみかけます。

今回は、その最高と言わしめるポイントを具体的に紹介していきますね。

CX-5 の乗り心地は良い?悪い?

引用元:CX-5公式

実際に購入されている方は、ほぼ「乗り心地がよい」と感じています。

早速、口コミを見てみましょう。

購入者の意見は?

レンタカーで乗ったCX-3の段差での突き上げ感に閉口したという経験もあり、乗り心地に関してはネットでも賛否両論あり、納車まで一番心配していた部分でした。

しかし、CX-3とはレベルが違いました。
確かに硬いといえば硬いし、段差では振動を拾いますが、振動をうまくいなしてくれますし、シートでもうまく振動を吸収しているようです。
但し運転席でしか見ていないので、後部座席ではどうなのか気になるところです。
車高が高いのでロールも多少ありますが、ドライブレコーダーの録画を見るとロールはしていますが、乗っている分には全く気になりません。むしろそれを楽しめるようなセッティングがされているようです。

個人的には心配は杞憂に終わりました。
むしろ乗り心地は上質感を感じますし、満足です。

 

引用元:みんカラ

なるほど、いい感じですね!

とてもしなやかなサスペンションだと思います。必要な路面のインフォメーションを完全に無くすことなく乗り心地を良くしているのだと思います。
同乗者からもとても乗り心地が良くて寝てしまいそうだと好評です。
後部座席にも座ってみましたが、足元が広くてシートもリッチなので快適でした。
ロングストロークサスは酔いやすいという人も多い中、CX-5はソフトすぎないのでセダンから乗り換えてもさほど違和感はありませんでした。

引用元:みんカラ

探してみても、悪いと書き込みしている人はみつかりませんでした。

みんなのお気に入りポイント

CX-5の乗り心地で、特に高ポイントだったのが「静粛性」と「安定感」の2点です。

 

静粛性

ガソリン車はもちろん、特にディーゼル車で高評価でした。

「子どもがすぐ眠ってくれる」という口コミもあるほど。

子どもが寝付くまでに時間がかかってストレス!という方の強い味方ですよ。

 

安定感

マイナーチェンジ時に「SUVにもセダンの走り」を追求し、G-ベクタリングコントロールを搭載。

「ん?何それ?」と、はじめて聞く方もいるかもしれません。

簡単に言うと、ハンドルやタイヤの駆動力で安定させる機能のことです。

車高の高い車は運転しやすい反面、コーナリングにおいては遠心力のせいでふらつくことがあります。

その「ふらつき」自体を抑えてくれる、実に頼もしい機能なんです。

このおかげで車体が安定し、「車酔いも減った」という意見もあります。

乗り物酔いを経験した方なら分かると思いますが、ほんと辛いもんです。

車酔いすら改善してくれる最新技術って・・・すごい!

マイナーチェンジではどこが改善された?

引用元:CX-5公式

エンジン部分をメインに改善した最近のマイナーチェンジ。

標準装備として以下2点が改良されており、さらに使い勝手がアップしました。

  • 車速感応式オートドアロック(衝撃感知ドアロック解除システム付き)
  • フロントドア・リアドアのパワーウインドーに自動反転機構とワンタッチ&タイマー付き

「なくてもいいや」という方もいるかもしれませんが、これが結構便利なんですよ。

例えば、走行中にドアが開いてしまう危険がなくなるため、小さな子どもを乗せる場合も安心です。

 

もっと操作性をアップさせたい!という方には、以下のオプション装備をおすすめします。

  • 360°ビュー・モニター
  • パワーリフトゲート

360°ビュー・モニターで視界が広がれば、気分よく乗れること間違いなし!

初心者はもちろん、「正直、運転が苦手」という方にぴったりのオプションです。

そして、ボタンひとつでトランクを開閉できるパワーリフトゲート。

これさえあれば「傘で両手がふさがって荷物がしまえない!」という心配は無用です。

せっかくの休日に限って、雨に降られてブルーになることってありますよね?

天候に関わらず、ルンルン気分で買い物に出かけられるなんてステキです。

後部座席の乗り心地は?

せっかくSUVを手に入れても、同乗車の乗り心地が悪ければドライブの楽しみも半減します。

「SUVって、どうせ後部座席が狭くて乗り心地が悪いんでしょ・・・」という先入観を持っていませんか?

安心してください。

CX-5は、後部座席も乗り心地がいいんです。

ゆったりシートで座り心地抜群

見てください!この堂々たる内装。

引用元:CX-5公式

大人5人だと狭いかも知れませんが、4人で乗るなら十分ゆったりしています。

後部座席にもエアコンがあるので、温度調節もばっちりです。

快適な温度には個人差があるので、別々に調節できるのは嬉しいポイントですね。

リクライニングできる!

後部座席をリクライニングできない車種が多いSUV。

しかし、CX-5は違います

飛行機や新幹線でも長距離の場合って、誰でも背もたれを倒しますよね?

車だって同じです。これで長距離ドライブでもゆったりくつろげます。

ドライバーだけでなく同乗者のことも考えたCX-5は、年配の方や小さな子どもにも優しい設計なんです。

疲れているんじゃないかな?という心配や、頻繁な休憩からも解放されますよ。

その分目的地にはやく着けるから、楽しさ倍増ですね。

ドライバーの乗り心地もGOOD!

引用元:CX-5公式

マイナーチェンジごとに安全性能もグレードアップし、運転しやすくなっています。

例えば、SKYACTIVが標準装備になりました。

長距離ドライブの際も運転者をしっかりサポートしてくれるので、疲労も軽減します。

どんなものがあるのでしょうか?

具体的に確認しましょう。

ほぼ自動運転を実現してくれるMRCC

MRCCをテーマにした少し長い動画ですが、とても参考になります。

早送りしながらでも、わかりやすいですよ。

びっくりですね。ほとんど自動運転

夏に海に遊びに行ったり、家族旅行で疲れたときに活躍すること間違いなし。

ドライバーなら誰もが経験する復路のストレス。

「疲れ果ててみんな寝てるのに、なんで自分だけ運転しなきゃだめなんだ!」という理不尽を軽減してくれます。

当然、運転が趣味で思い通りに車を操りたい人にとっては、ありがた迷惑な装備かもしれませんが・・・

まぁ、不要ならスイッチを切ればOKなので、一度くらい試してみてくださいね。

夜間でもよく見えるAHL

ヘッドライトの切り替えってストレスに感じませんか?

私もよく切り替えし忘れてしまうのですが、対向車のハイビームには文句を言いたくなります。

そんなモヤモヤを解決してくれる機能がこちら。

これまた使える機能ですね。

夜間の運転に慣れていない人にとって、難易度の高いハイビーム・ロービームの切り替えにもってこいです。

対向車にパッシングされる危険もなくなります。

ヘッドライト操作から解放されると、落ち着いて運転できるのが嬉しいですね。

天体観測やロマンチックな夜景など、夜のイベントも満喫できます。

シートは硬め?

やや硬めと言われるCX-5のシートですが、マイナーチェンジにより改良されたのでしょうか?

実は、シートが柔らかすぎるのって問題なんです。

なぜなら、逆に凸凹を吸収しやすく、車酔いにつながってしまうからです。

そんな長時間のドライブは苦痛でしかありません。

しかし、CX-5はいなす感じで上手にバランスを取って、乗り心地のよさにつなげています。

つまり、サスペンションやシートを硬めにすることで、不快な突き上げ感を改善しています。

それでも硬いのは苦手!という方に、いくつか解決法を紹介しますね。

こうすれば乗り心地が良くなる!

ベースグレードを除き、PROACTIVE やL packageではタイヤサイズが19インチです。

突き上げが気になる方は、17インチにグレードダウンするだけでかなり改善されます。

人によっては、16インチにまでダウンさせています。

でも、大きなタイヤのほうが見た目がかっこいいのも事実。

ん~、これは悩みどころ!

なので、ディーラーで試乗して、実際の乗り心地を確認すると良いでしょう。

さらに乗り心地をアップさせるなら・・・グレードアップ

ベースグレードでも乗り心地は快適ですが、さらに良くするためにはグレードアップしましょう

CX-5はガソリン車とディーゼル車、それぞれに以下2種類のグレードがあります。

「PROACTIVE]と「L package」(別途、特別仕様車もありますが、今回は省略)。

乗り心地はどう違うのか?気になります。

グレードごとの比較

まずは、ベースグレードとPROACTIVEから。

引用元:CX-5公式

内装はこんな感じです。

これだけでも十分に高級感があり、決して乗り心地も悪くありません。

とても300万円前後で手に入るようには見えないですよね?

さらに嬉しいことには、グレードアップした装備が付きます。

画像では分かりにくいかもしれませんが、

運転席に電動10wayパワーシート運転席と助手席にシートヒーターが付いているんです。

ドライバーはベスポジに座れるし、冬は暖房がなくても快適ですよ。

 

そして、次にL packageです。

引用元:CX-5公式

見てください!レザーシートのおかげで、高級感が大幅にアップしています。

このクールでスタイリッシュなホワイトレザーは、L packagオンリーで展開する特別カラーです。

これだけでも欲しくなりますよね。

子供が小さくてシートを汚してしまうのが嫌!という方には、もちろん定番色ブラックもあります。

さらに、まだまだ至れり尽くせりの装備がついています。

助手席にも10wayパワーシート、さらに後部座席にもシートヒーターを完備。

加えて、パワーリフトゲートを標準装備しているので、インテリアに非の打ち所なし!ですね。

あっぱれ。さすが、最高グレードです。

これだけ安全装備バッチリで、おまけに高級車に引けを取らないインテリア。

これで360万円という価格・・・そりゃ売れますよね!

まとめ

引用元:CX-5公式

内装、装備ともに文句なしの乗り心地を誇るCX-5。

しかも、マツダは努力を怠ることなく一部改良やマイナーチェンジを繰り返しています。

「CX-5って、そんなに乗り心地いいのか!」と感じた方、ぜひ試乗してみてください。

きっと、満足するはずです。

この価格でこの乗り心地の車は、正直他では見つからないでしょう。

【車をお得に買い替えるマル秘テク】最大52万円もお得に!

『車を買い換えたい』と思っている方は、これだけは知らないとをしてしまいます!

車を買い換えるとき、今まで乗っていた愛車をディーラーに下取りに出していませんか?

下取りは損をする可能性が高いです。

営業マンは、本来の下取り額よりも安く見積もって、値引きが大きくなったように見せかけるなどというテクニックも使ってきます。

だから、まず買い替え準備として行うことは、愛車の正しい価値を知ること。

ネットの一括査定を使うと、複数の大手車買取店が値段をつけてくれます。

一括査定名なので、大手業者同士が勝手に争ってくれて、査定額も高くなるです。

下取りよりも平均で16万円も高くなったというデータもあります。

 

愛車を高く売って、グレードアップしてもいいし、好きなオプションをつけるのもよし。家族旅行の貯金に回してもいいですね!

50万円も高くなった方も!/

 

-CX-5

Copyright© 【SUV BUFF】SUV乗り換えガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.