CR-V

CR-Vのサイズは?旧型やハリアーと比較してみた

投稿日:

CR-Vはホンダの人気SUV。ボディのデザインが特徴的で、車体サイズは比較的大きめなSUVです。

2018年に復活した5代目CR-Vは、先代のCR-Vよりもサイズが大きくデザインの印象も変化しています。

「大きくて貫禄ある自動車に乗りたい気持ちはある。」

「でも、狭い道でのすれ違いや駐車スペースは大丈夫なのか・・」

なんて、サイズの大きな車を購入するには、不安な点も多いですよね。

そこで今回は、ホンダSUVの実寸サイズを徹底的に調べ、旧型や他の車種と比較しました。

CR-Vの実寸サイズは?

CR-Vは、見た目は無骨でフロント部分が大きいため、迫力があります。

とても大きく感じますが、実寸サイズはどうなのでしょうか。

全長 4,605mm
全幅 1,855mm
全高 1,680mm
4WD全高 1,690mm
室内長 1,970mm
7人乗りは2,520mm
室内幅 1,550mm
7人乗りは1,520mm
室内高 1,230mm
ホイールベース 2,660mm
タイヤサイズ 235/60R18

電動パノラミックサンルーフ装備車の室内高は1.185mmになります。

SUVにしてはサイズが大きいとの声もありますが、実際にはスバルのフォレスターやマツダのCX-5などと同じようなサイズです。

ミッドサイズSUVとしては標準的と言えます。

ただし、全幅の1,855mmは他の車種よりも少し広めですね。

狭い道での走行や、駐車スペースの確保が難しい場合があるかもしれません。

しかし、このサイズ感は、グローバルモデルであるCR-Vのウリです。

「道や駐車スペースなんて、CR-Vに合わせれば良い!」くらいの余裕が必要でしょう。

旧型CR-Vとの比較!

2016年まで販売されていた、旧型CR-Vとのサイズを比較してみます。

旧型CR-V 現行サイズ
全長 4,535mm +70mm
全幅 1,820mm +35mm
全高 1,685mm -5mm
室内長 2,125mm -155mm
室内幅 1,540mm +10mm
室内高 1,215mm +15mm
ホイールベース 2,620mm +40mm
タイヤサイズ 225/65R17 235/60R18

※現行サイズは、旧型と比較してのサイズ差

旧型CR-Vと比較してみると、全長と全幅は一回り大きなサイズ。

旧型に比べて現行の全高は若干低くなっていますが、その差5mmなので体感的な変化は感じられないでしょう。

車体のサイズアップにより室内も広くなっているかと思えば、なんと室内長が155mmも狭くなっています。

「え?そんなに狭くなっちゃったの・・?」

と、心配になるかもしれませんが、ご心配なく!

車中泊が出来るくらいの広い室内空間は確保されています。

新型CR-Vは車中泊できるのか?フルフラットになるのか検証

2018年、さらにグレードアップして蘇った新型CR-V。 様々なシーンで使いやすいそのスタイルは、街乗りだけでなく釣りやキャンプでも活躍します。 「せっかく遊びに来たなら、そのまま泊まって次の日も楽し ...

続きを見る

また、新型CR-Vは、ガソリン車のみ7人乗りが登場しました。

室内サイズが5人乗りと異なります。

  • 室内長・・・550mm大きい2,520mm
  • 室内幅・・・30mm小さい1,520mm
  • 室内高・・・5人乗りと同じ1,230mm

室内長が550mmも大きくなっているので、広い室内空間を重視する方は7人乗りがおすすめです。

その他、ホイールベースの長さや、タイヤのインチ数は拡大。

タイヤサイズは、大径18インチを標準装備しています。

全体的に、大きな作りに変更となっています。

ライバル車 ハリアーとの比較

CR-Vのライバル的存在と言われる、トヨタのハリアー。

ハリアーは日本の顧客をターゲットにして作られたSUVです。

一方、CR-Vは海外向けのSUVを日本仕様という形で販売しているもの。

ハリアーよりもCR-Vの方が、ゴツくて大きな車のように見えがちですが、実際はどれくら いの差があるのでしょうか。

トヨタ・ハリアー CR-Vサイズ
全長 4,725mm -135mm
全幅 1,835mm +20mm
全高 1,690mm -10mm
室内長 2,125mm -155mm
室内幅 1,540mm +10mm
室内高 1,215mm +15mm
ホイールベース 2,660mm 0mm
タイヤサイズ 235/55R18 235/60R18

※CR-Vサイズは、ハリアーと比較してのサイズ差

比較した結果、全長はハリアーの方がCR-Vより135mm長くなります。

横幅はCR-Vの方がハリアーより20mm大きいですが、わずかな差なので体感的にはほとんど変わらないでしょう。

ホイールベースのサイズは全く同じですので、最小回転半径に差はありません。

CR-Vは車体が大きいとの声が多いですが、実際にサイズを比較してみると、ライバル車との大きな差はありませんでした。

見た目の存在感は、デザインによる印象で大きく感じるようですね。

CR-Vは機械式駐車場に入るのか?

機械式駐車場に入れるサイズには制限があります。

一般的な機械駐車場では、全幅1,850mmを超える自動車は入庫ができません。

また、全高1,550mmを超える自動車も駐車不可です。

CR-Vの全幅は、1,855mmと僅かに既定のサイズを超えます。さらに全高も既定の1,550mmをオーバー。

残念ながら、CR-Vはマンションやデパート、駅前の繁華街周辺のパーキングなどの機械式駐車場への駐車はできません。

 

「たった5mmの差、ミラーを畳めば大丈夫なのでは?」

そう思われる人もいますが、ギリギリでの駐車は車体やホイールを傷つけてしまう可能性も高く、安全面にも不安があります。

パーキングサービスなどでは、入庫を断られるケースが多いです。

機械式駐車場によっては、大きな車も入庫できる設備を備えている場所もあります。

 

ただ、「機械式駐車場 大型車」などと調べてみましたが、大型車が利用可能な機械式駐車場の一覧などは出てきませんでした。

各機械式駐車場を、一つずつ調べていくしかないようですね。利用できるバーキングを探すのには、手間と時間がかかりそうです。

新型CR-Vは米国向け車両でダイナミック!

新型CR-Vのサイズ比較をしてみた結果、日本で乗るには少しサイズオーバーな印象も受け ます。

他の車種と比べて車幅が広いというのは、狭い道の多い日本では不安要素になりそうです。

海外向けの車として開発されたというポイントは、強みでもあり欠点でもあります。

特に都心部では、不便を感じることが多くなる可能性も。

  •  狭い道の走行
  • 対向車との行き違い
  • 機械式駐車場不可

この3点が、サイズ感によるデメリットとなりそうです。

しかし、CR-Vは走行性能や乗り心地の面でかなり高評価の口コミが多い車種。

地方や郊外の広い道路や駐車スペースを利用している人にとっては、不便はそれほど感じられません。

ご自身の普段使う道路や生活スタイルにCR-Vが合うか、まずは検討してみましょう。

 

CR-Vの口コミは、こちらのページにまとめてあります。

ぜひ、生の声を参考にして下さい。

新型CR-Vの口コミ評判まとめ。オーナーの不満点を試乗前にチェック!

ホンダCR-Vの再販が開始されましたね!   ホンダにはコンパクトSUVのヴェゼルがあります。 しかし、ヴェゼルはコンパクトSUVというジャンルで、一つ上のSUVがないのが現状でした。 ライ ...

続きを見る

【車をお得に買い替えるマル秘テク】最大52万円もお得に!

『車を買い換えたい』と思っている方は、これだけは知らないとをしてしまいます!

車を買い換えるとき、今まで乗っていた愛車をディーラーに下取りに出していませんか?

下取りは損をする可能性が高いです。

営業マンは、本来の下取り額よりも安く見積もって、値引きが大きくなったように見せかけるなどというテクニックも使ってきます。

だから、まず買い替え準備として行うことは、愛車の正しい価値を知ること。

ネットの一括査定を使うと、複数の大手車買取店が値段をつけてくれます。

一括査定名なので、大手業者同士が勝手に争ってくれて、査定額も高くなるです。

下取りよりも平均で16万円も高くなったというデータもあります。

 

愛車を高く売って、グレードアップしてもいいし、好きなオプションをつけるのもよし。家族旅行の貯金に回してもいいですね!

50万円も高くなった方も!/

 

営業マンに騙されるな!新車をとことん安くする「値引き交渉マニュアル」

車欲しいなぁ・・・。でもお金ないし。 お金のことで新車を諦めている方もいるかも知れませんね。 でも、もし欲しい新車が50万円いや、80万円も安く買えるとしたらどうでしょうか? 300万円の新車が220 ...

続きを見る



-CR-V
-, ,

Copyright© 【SUV BUFF】SUV乗り換えガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.