ハスラー

新型ハスラーのグレードの違い。A・G・Jどれがおすすめ? 

ハスラーのグレードには選択肢が色々あります。

初めて見る人には、少しややこしく感じるかもしれません。

実は私も、最初はよくわかりませんでした。

もう少し簡単に選びたい、と思いませんか?

ということで、今回はハスラーのグレードを簡単に紹介しちゃいます。

ぶっちゃけグレードの違いがわからなくても、大丈夫!

質問に答えるだけで、おすすめのグレードがわかるコーナーもありますよ。

ハスラーのグレード構成

ハスラーの基本的なグレードは3つだけです。

でも、同じグレード内で4~6パターンに枝分かれします。

このため、初めて見る人には少しややこしく、違いがわかりにくいです。

グレードの構造について、順を追って見ていきましょう。

基本はA・G・Jの3つ

ハスラーのグレード構成は以下のとおりです。

【基本グレード】

  • A
  • G
  • J

【特別仕様車】

  • タフワイルド
  • ワンダラー

3つの基本グレードと2つの特別仕様車で構成されています。

グレードの違い=選択肢の組み合わせ

各グレードは、以下の選択肢でさらに枝分かれします。

  • 駆動方式(2WD/4WD)
  • トランスミッション(CVT/MT)
  • ターボの有無
  • ボディーカラー

予算や用途、好みに合わせて選択肢を組み合わせていけば、自ずとグレードが決まります。

ただし、全グレードで同じ選択肢を取ることはできません。

選択肢には、以下のような制限があります。

トランスミッション MT車はAGにしかない。
ターボ GJにしかない。
ボディーカラー 2トーンルーフ仕様車はGJにしかない。
2トーンルーフ仕様車の白はJにしかない。
オレンジ、ピンク、ブルーはGにしかない。

ちなみに、ボディーカラーにある「2トーンルーフ仕様車」とは、屋根を白または黒で塗装したタイプを指します。

↓こんな感じ。

出典:ハスラー公式サイト

ハスラーのボディーカラーについては、以下の記事で詳しく紹介していますよ。

参考にしてみてください。

ハスラー カラー
ハスラーの色選びに悩む。人気カラーランキングで決めよう

悩むほどカラーが豊富なハスラー。 目移りして、なかなか決められませんよね。 そんな迷える子羊さん必見! ハスラーの人気カラーをランキングにしてみました。 新色も紹介しているので、色選びの参考にどうぞ! ...

続きを見る

まとめ

ハスラーのグレードは、4つの選択肢で決まる。

  • 駆動方式(2WD/4WD)
  • トランスミッション(CVT/MT)
  • ターボの有無
  • ボディーカラー

グレードごとの価格と燃費を比較しよう

ハスラーを買うのに、予算はどのくらい必要なのでしょうか。

維持費としてガソリン代も気になるところです。

ここではそんな金額的なことについて紹介します。

グレードごとの価格と燃費の一覧

は最安値、は最高値、はベスト燃費、オレンジはワースト燃費となっています。

2WD・CVT車
グレード 価格 燃費(km/L)
A ¥1,100,520 26.6
G ¥1,323,000 32.0
Gターボ ¥1,409,400 27.8
J ¥1,485,000 32.0
Jターボ ¥1,578,960 27.8
タフワイルド ¥1,487,160 32.0
ワンダラー ¥1,608,120 32.0

2WD・MT車
グレード 価格 燃費(km/L)
A ¥1,100,520 24.8
G ¥1,197,720 26.4

4WD・CVT車
グレード 価格 燃費(km/L)
A ¥1,221,480 25.6
G ¥1,449,360 30.4
Gターボ ¥1,535,760 26.2
J ¥1,611,360 30.4
Jターボ ¥1,705,320 26.2
タフワイルド ¥1,613,520 30.4
ワンダラー ¥1,734,480 30.4

4WD・MT車
グレード 価格 燃費(km/L)
A ¥1,221,480 24.2
G ¥1,313,280 25.6

この他、G、Gターボ、J、Jターボは4万3,200円を追加すると、2トーンルーフ仕様車に変更できます。

さて、価格と燃費をざっくり比較してみましょう。

まず、価格。

  • 最安値:2WD・MT車
  • 最高値:4WD・CVT車

2WD・MT車が安い理由は、次の3点。

  1. 2WDは構造がシンプル。
  2. MT車にはハイブリッドシステムが付かない。
  3. ターボが付いてない。

次に燃費。

  • ベスト:2WD・CVT車
  • ワースト:4WD・MT車

CVT車にはハイブリッドシステムが付くので、燃費が良くなります。

また、4WDは重量があるので、燃費が悪いです。

なお、燃費については以下の記事でも解説しています。

ハスラーの燃費は悪いの?グレードごとの実燃費を計測してみた!

SUVは燃費が悪いイメージがありませんか? しかも、軽自動車となると、さらに燃費が悪い気がしますよね。 燃費が悪いとガソリン代がかかります。 でも、車にばかりお金をかけられないのが実情。 せっかくおし ...

続きを見る

まとめ

価格が安いのは、以下の条件。

  • 駆動方式:2WD(構造がシンプル)
  • トランスミッション:MT(ハイブリッドシステムがない)
  • ターボ:なし(ターボ装置がない)

燃費が良いのは、以下の条件。

  • 駆動方式:2WD(4WDよりも軽い)
  • トランスミッション:CVT(ハイブリッドシステムが付く)
  • ターボ:なし(ガソリンを余分に使わない)

違いがわからなくてもOK!簡単グレード選び

「グレードの構成や違いがよくわからない」

「そもそも説明を読むのが面倒くさい」

こんな人もいると思います。

私も最初はグレードの違いがよくわかりませんでした。

なので、その気持ちはよくわかります。

もっとサクっとグレード選びしたいですよね(真顔)。

そこで、質問形式のグレード選びコーナーを用意しました。

いくつかの質問に答えていくと、自分に合ったグレードがわかりますよ。

質問に答えるだけでできるグレード選び

1から質問に答えて、選択肢に沿って進んでください。

リンクをクリックすると、各グレードの説明にジャンプします。

1 マニュアル車に乗りたい。燃費は気にしない。
はい→2  いいえ→3
2 燃費や安全に関する装備はある程度欲しい。

ボディーカラーはカラフルにしたい。

はい→G  いいえ→A
3 ターボ付きにしたい。燃費は気にしない。
はい→4  いいえ→5
4 価格が高くなっても良いので、たくさん装備がほしい。

ボディーカラーの選択肢が少なくても良い。

はい→Jターボ  いいえ→Gターボ
5 とにかく価格が安いのが良い。

安ければ、ハイブリッドシステムがなくても良い。

はい→A  いいえ→6
6 他とはちょっと違う個性的なハスラーに乗りたい。

そのためなら、価格が高くなっても良い。

はい→タフワイルド or ワンダラー  いいえ→7
7 価格が高くなっても良いので、たくさん装備がほしい。

ボディーカラーの選択肢が少なくても良い。

はい→J  いいえ→G
A:とにかく安くてシンプル

ハスラーで最も安いグレード。

CVT車もMT車も価格は同じです。

安い分、最近の車なら大抵は付いてくる装備がほぼ皆無です。

例えば、アイドリングストップやハイブリッドシステムなど、燃費対策の装備がありません。

また、自動ブレーキなどの安全装備もありません。

ボディーカラーも単色5色だけです。

安さだけで買うと、後悔してしまうかもしれません。

グレード選びをやりなおす

G:ボディーカラーが最多。バランスが良い人気グレード。

Gはボディーカラーが最多で、14色あります。

特にピンク、ブルー、オレンジはGにしかありません。

出典:ハスラー公式サイト

CVT車はハイブリッド仕様で燃費が良いです。

MT車も選択できますが、こちらはハイブリッドが付きません。

Gからは8万6,400円追加すると、ターボが付けられます。

アイドリングストップや自動ブレーキなどの標準的な装備も搭載。

全体的にバランスの取れたグレードです。

グレード選びをやりなおす

J:装備が最多。Gよりボディーカラーが少ない。

最上位グレード。

Gとの差額は、16万2,000円です。

Jは装備が最多で、他のグレードにはない装備が色々付きます。

主なものとしては、以下のとおり。

  • 革巻きステアリング
  • フロントグリルに「HUSTLER」のロゴが付く(下図①)
  • アルミホイール(下図②)
  • ディスチャージヘッドランプ&LEDフォグランプ(下図③)

他のグレードの画像で見比べると、外観の違いがよくわかりますね。

J

↑Jはフロント部分の見た目が、他のグレートと明らかに違う。

G

出典:ハスラー公式サイト

でも、Jはその分高価です。

4WD車は150万円台、ターボ付きは170万円台に達します。

コンパクトカーに迫る価格ですね。

それなのに、ボディーカラーは8色で、Gより少ないです。

トランスミッションは、CVTしか選択できません。

でも、ハイブリッドシステムが付くので、燃費は良いです。

Gと同じく、8万6,400円追加でターボも選択できます。

Gに16万2,000円追加しても、装備が欲しいかどうかで判断が分かれるでしょう。

グレード選びをやりなおす

タフワイルド:内外装ともに特別仕様なG。その分高価。

Gをベースにした特別仕様車です。

Gとの差額は16万4,160円で、Jより高価。

簡単に言うと、黒の2トーンカラー塗装で装備が特別仕様のGですね。

出典:ハスラー公式サイト

主な装備は以下のとおり。

  • ルーフ以外に、Aピラーやリアクォーターパネルにも黒い塗装。
  • タイヤホイールの色も黒。
  • バンパーがボディーカラーと同じ色。
  • シートがレザー調とファブリック表皮。
  • インパネを中心にインテリアが専用色。
  • Gではオプションになっているディスチャージヘッドランプ、LEDフォグランプ、オートライトを標準装備。
  • エアコンが「ナノイー」仕様。

走行性能はGと変わりません。

特別仕様の装備が欲しいかどうかが、判断の分かれ道です。

グレード選びをやりなおす

ワンダラー:ウッディ調なJ。ハスラーでは最も高価。

Jをベースにした特別仕様車です。

Jとの差額は12万3,120円で、Jターボよりも高価。

完全にコンパクトカーに手が届く価格となります。

ボディーカラーと装備がウッディ調のJと言ったところです。

出典:ハスラー公式サイト

主な装備は以下のとおり。

  • ルーフやバンパーなどがウッディブラウン塗装。
  • ドア側面にデカール装飾。
  • シートがレザー調とファブリック表皮。
  • インパネを中心にインテリアがウッディ調。
  • エアコンが「ナノイー」仕様。

走行性能はJと変わりません。

特別仕様の装備が欲しいかどうかで、判断が分かれます。

グレード選びをやりなおす

まとめ

今回は、ハスラーのグレードについて説明しました。

グレードごとに微妙に構成が異なっているので、ややこしい点はあります。

でも、基本は駆動方式、トランスミッション、ターボ、ボディーカラーの4つの選択肢です。

この4つだけ覚えておけば、どうにかなります。

ハスラーのグレードについて少しでもイメージがつかめたら、幸いです。

 

【車をお得に買い替えるマル秘テク】最大52万円もお得に!

『車を買い換えたい』と思っている方は、これだけは知らないとをしてしまいます!

車を買い換えるとき、今まで乗っていた愛車をディーラーに下取りに出していませんか?

下取りは損をする可能性が高いです。

営業マンは、本来の下取り額よりも安く見積もって、値引きが大きくなったように見せかけるなどというテクニックも使ってきます。

だから、まず買い替え準備として行うことは、愛車の正しい価値を知ること。

ネットの一括査定を使うと、複数の大手車買取店が値段をつけてくれます。

一括査定名なので、大手業者同士が勝手に争ってくれて、査定額も高くなるです。

下取りよりも平均で16万円も高くなったというデータもあります。

 

愛車を高く売って、グレードアップしてもいいし、好きなオプションをつけるのもよし。家族旅行の貯金に回してもいいですね!

50万円も高くなった方も!/

 

営業マンに騙されるな!新車をとことん安くする「値引き交渉マニュアル」

車欲しいなぁ・・・。でもお金ないし。 お金のことで新車を諦めている方もいるかも知れませんね。 でも、もし欲しい新車が50万円いや、80万円も安く買えるとしたらどうでしょうか? 300万円の新車が220 ...

続きを見る



-ハスラー

Copyright© 【SUV BUFF】SUV乗り換えガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.