SUVを買う前に見るサイト

【SUV BUFF】SUV乗り換えガイド

ハスラー

ハスラーの燃費は悪いの?グレードごとの実燃費を計測してみた!

更新日:

ハスラー エネルギーフローインジケーター

SUVは燃費が悪いイメージがありませんか?

しかも、軽自動車となると、さらに燃費が悪い気がしますよね。

燃費が悪いとガソリン代がかかります。

でも、車にばかりお金をかけられないのが実情。

せっかくお洒落な車を手に入れたのに、ヨレヨレボロボロの服を着ていては格好悪い・・・

切実な悩みですよね。

 

でも、ちょっとまって!

 

「SUVだし」「軽自動車だし」なんて思い込みは捨てて下さい。

お洒落にだって、全然お金をかけられるんですよ。

さぁ、ハスラーの実燃費を知って驚いて下さい!

 

ハスラーの実燃費から、より燃費を良くする運転方法までご紹介します。

 

ハスラーのグレードごとのカタログ燃費と実燃費の差

まずは、ハスラーのカタログ燃費と実燃費をグレードごとに表にしましたので、ご覧ください。

 

グレード トランスミッション カタログ燃費 実燃費
A(2WD) 5MT 24.8km/L 21.0km/L
CVT 26.6km/L 22.1km/L
A(4WD) 5MT 24.2km/L 16.0km/L
CVT 25.6km/L 23.9km/L
G(2WD) 5MT 26.4km/L 21.3km/L
CVT 32.0km/L 20.2km/L
G(4WD) 5MT 25.6km/L 18.5km/L
CVT 30.4km/L 18.2km/L
Gターボ
(2WD)
CVT 27.8km/L 22.0km/L
Gターボ
(4WD)
CVT 26.2km/L 18.3km/L
J(2WD) CVT 32.0km/L 19.0km/L
J(4WD) CVT 30.4km/L 17.3km/L
Jターボ
(2WD)
CVT 27.8km/L 18.4km/L
Jターボ
(4WD)
CVT 26.2km/L 16.8km/L

参考資料:みんカラ

 

カタログ燃費に比べて実燃費の達成率(燃費達成率)は、60%~93%となります。

どの車も燃費達成率の平均は70%程度なので、平均と比べても良いですね。

 

グレード関係なく、走行距離の平均実燃費は20km/L程度といえます。

 

私は中古車に乗っているので、軽自動車でこの燃費は夢のようです。

どの車も燃費向上にしのぎを削ってますけど、十分な燃費だと思ってしまいます。

 

 

 

市街地、高速道路で燃費はどう変わる?

街乗り

 

次に、走行状況別に燃費を見ていきましょう。

 

街乗り 18km/L~20km/L
郊外 22km/L~25km/L
高速 22km/L~26km/L
オフロード 13km/L~16km/L

 

この数字は、口コミなどから拾ったおおよその実燃費です。

燃費は、運転の仕方や季節によっても変わります。

 

高速道路は100kmより80kmくらいで走ったほうが燃費が良いんです。

「80kmだとちょっと遅いな」と感じるかもしれませんが、28km/L以上の高燃費になる場合もあります。

彼女とのんびりドライブを楽しみながら、実は燃費も良くなってるなんて、一石二鳥ですよね。

もちろん、燃費のためというのは内緒ですよ。

 

また、エアコンを付けると燃費が悪くなり、5km/L程度の差が出ます。

ハイブリットだと6~8km/L程度の差が出るというので、大きいですね。

夏は窓を開けて、できるだけエアコンは付けないよう心がけると良いでしょう。

風を浴びながら運転するのも気持ちいいものです。

冬は、エアコン(A/Cスイッチ)をオフにしていれば、燃費にはほとんど影響しません。

ちょっとした事で燃費は良くなるんですよ。

 

ライバル車や旧型と燃費比較

次に、ライバル車との燃費を比較してみましょう。

ハスラーのライバル車いえば、こちら。

  • ダイハツ キャスト
  • スズキ ジムニー
  • マツダ フレアクロスオーバー(ハスラーのOEM車)

これらの車種を、中間グレード・4WD・4ATまたはCVTで統一して、ターボありなしで比較しました。

それでは、見ていきましょう。

車種 燃費
ハスラー 30.4km/L
ハスラー(ターボ) 26.2km/L
キャスト 26.8km/L
キャスト(ターボ) 27.0km/L
ジムニー(ターボ) 13.2km/L
フレアクロスオーバー 30.4km/L
フレアクロスオーバー(ターボ) 26.2km/L
初代ハスラー 28.0km/L
初代ハスラー(ターボ) 25.0km/L

※ジムニーは全車ターボ付きになります。

キャストのターボ車には若干負けていますが、あとは全て現行のハスラーが勝っています。

フレアクロスオーバーはOEM車なので、燃費も全く同じです。

初代ハスラーは2014年発売でまだ数年しか経っていませんが、初代からの燃費向上を実感します。

 

お洒落で燃費も良いなんて、鬼に金棒じゃないですか!

 

ちなみに、これはカタログ燃費です。

先程もお話しましたが、実燃費はカタログ燃費の大体70%程度と考えて下さいね。

 

 

ガソリン満タンで何キロ走るのか?

給油

 

次に、ガソリン満タンの状態でどのくらい走れるのかを見ていきましょう。

グレードは「Gターボ(4WD)」で計算していきます。

「実燃費×タンク容量=満タンでの走行距離」で計算してみましょう。

 

ハスラーGターボの燃料タンク容量は27Lです。

先程の計算式にあてはめると、こうなります。

18.3km/L×27L=494.1km

1ヶ月の走行距離が1,000km以下なら、月1~2回の給油になるということです。

 

となると、月々のガソリン代が気になりますね。

次は、維持費であるガソリン代について、お話します。

 

 

1ヶ月のガソリン代はいくら?

走行距離別にガソリン代を計算してみました。

走行距離の目安は以下になります。

  • 100㎞・・・あまり乗らない
  • 300㎞・・・買い物や送迎が中心
  • 500㎞・・・買い物+週末ドライブ
  • 1,000㎞・・・通勤+週末ドライブ
1ヶ月の走行距離 実燃費 1ヶ月のガソリン代
100km 18.3㎞/L 820円
300km 18.3㎞/L 2,460円
500km 18.3㎞/L 4,098円
1,000km 18.3㎞/L 8,197円

※ガソリンは全国平均の150円/Lで計算

よく走っても、ガソリン代は1ヶ月8,000円程度と考えれば良いですね。

飲みに行く回数を1~2回減らせば、カバーできちゃう金額ですよ。

 

では、以下のライバル車と1ヶ月のガソリン代を比べてみましょう。

  • キャスト実燃費・・・19.13km/L
  • ジムニー実燃費・・・13.49km/L
1ヶ月の走行距離 ハスラー キャスト ジムニー
100km 820円 784円 1,112円
300km 2,460円 2,352円 3,336円
500km 4,098円 3,921円 5,560円
1,000km 8,197円 7,841円 11,119円

 

ハスラーとキャストを比べると、ハスラーが36円~356円高くなりましたが、さほど大きな差ではありませんね。

しかし、ハスラーとジムニーを比べると、ジムニーが328円~3,278円も高くなります。

この金額の差は、とても大きいですね。

 

 

ハスラーが低燃費なのには秘密がある

軽自動車で、しかもSUVなのに燃費がいいのは何故でしょうか。

それは、こんな新技術のおかげなんです!

減速時のエネルギーで発電・充電を可能にした「S-エネチャージ」

燃料は、加速時にたくさん必要となります。

そこで、減速時のエネルギーを専用のバッテリーに充電し、加速時に使うのです。

この「モーターアシスト」機能により、加速時の使用燃料を減らすことが可能になりました。

まさに、エネルギーのリサイクルですね。

しかも、その貯めたエネルギーは電装品へも供給されます。

走行時の発電を抑えることで、さらに燃料を節約するのです。

「エネルギーを無駄なく使おう」という、根本的なエコ発想から生まれた技術と言えますね。

ハスラー エネルギーフローインジケーター

出典:ハスラー公式サイト

 

「エネルギーフローインジケーター」でエネルギーの流れが一目瞭然!

運転中のエネルギーの流れや発電状況、バッテリーの残量がひと目で分かるシステムです。

このように、充電中やモーターアシスト走行時であることを表示して教えてくれます。

ハスラー エネルギーフローインジケーター

出典:ハスラー公式サイト

ハスラー エネルギーフローインジケーター

出典:ハスラー公式サイト

実際にエネルギーの流れが目に見えるのは、とっても分かりやすいですね。

 

「ステータスインフォメーションランプ」でエコ・ドライブを実感!

運転の状態によって、メーターの照明が3色に変化します。

  • ブルー・・・通常運転の状態
  • グリーン・・・燃費効率の良い運転状態
  • ホワイト・・・減速エネルギー回生時(発電・充電時)

ハスラー エネルギーフローインジケーター

出典:ハスラー公式サイト

 

燃費に気をつけた運転をしても、実際にエコ・ドライブが出来ているかって分かりづらいですよね。

しかし、目に見えることでエコ・ドライブが実感でき、燃費の良い運転方法が分かるようになります。

 

「新アイドリングストップシステム」が13km/h以下でエンジンを停止!

従来のアイドリングストップというと、車が停止してからエンジンが停止するのが一般的でした。

しかし、この「新アイドリングストップシステム」は、ブレーキを踏んでから13㎞/h以下になるとエンジンが自動停止するのです。

 

そうなんです、停車する前の減速走行中からエンジンをストップするんです!

 

これ、驚きじゃないですか!?

「アクセル踏んでないんだから、エンジン停めちゃえ!」って考えなんですね。

すごい世の中です。

ブレーキを離すかハンドルを動かすことでエンジンは再始動するので、発進もスムーズにできます。

また、システムの作動が可能であることを、あらかじめランプで教えてくれます。

ハスラー エネルギーフローインジケーター出典:ハスラー公式サイト

 

どのシステムも、目に見えるようになっています。

エコ・ドライブって本当に燃費が良くなっているか分からないので、ついつい面倒になってやめてしまいがち。

実感できると、エコ・ドライブも楽しくなりますね。

 

燃費を良くする走り方でさらに低燃費をめざそう!

 

車ハスラーは、最新のエコ・ドライブシステムが付いているので、普通に走っていてもエコ・ドライブになります。

しかし、上記でもお話ししたように、燃費は走り方や季節などに左右されます。

ということは、そこに気をつければさらに燃費が良くなるのです!

そこで、燃費を良くするためのポイントをまとめました。

今日から実践できることばかりですよ。

  • 荷物を最小限にする
  • ナビを利用して効率的ルートで行く
  • 急発進・急ブレーキ・急加速をしない!
  • 一定のスピードで走ることを心がける
  • エンジンブレーキをうまく使う
  • エアコンの使用を控える
  • アイドリングを控える
  • タイヤの空気圧やエンジンオイルのメンテナンスを定期的に行う

けっこう出来ていない事が多くないですか?

 

私、荷物の出し入れが面倒で、色々入れっぱなしにしてます・・・

けっこう道に迷います・・・

周りの車のスピードに左右されやすいです・・・

エアコン、気にせず使ってます・・・

人を待っている間、エンジンかけっぱなしです・・・

メンテンス・・・いつしたっけ??

 

ほとんど出来てませんね。

「この車、燃費悪いな~」と思っていたけど、私の運転の仕方が燃費を悪くしていたようです。

「自分もやってるかも」と思う方は、今日から一緒に気をつけましょう!

 

 まとめ

軽自動車やSUVの燃費のイメージが、だいぶ変わったのではないでしょうか。

エコ・ドライブシステムの充実により、こんなに低燃費になりました。

しかも、運転方法によってさらに燃費が良くなるんだから、これはヤルっきゃないですよね!

これなら安心して、思いっきりドライブが出来ちゃいます。

もちろん、浮いたお金でお洒落も楽しみましょう。

格好良く、お洒落にハスラーを乗りこなしちゃって下さい!

 

-ハスラー

Copyright© 【SUV BUFF】SUV乗り換えガイド , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.