フォレスター

フォレスターで車中泊はできる?スノボにキャンプに大活躍!

2018年にモデルチェンジした新しいフォレスターは車内が広く、車中泊向きです。

車中泊できれば、スノボやスキーをする時に宿泊費が節約できます。

キャンプでテントを張る手間が省けます。

それ以外でも遠出した場合、日帰りでない限りは泊まるところが必要です。

それだけに車中泊に魅力を感じている人は、決して少なくないでしょう。

浮いたお金で、おいしいものを食べたり、道具を新調したりできたら...良いですよね!

ということで、今回はフォレスターの車中泊について解説します。

具体的な内容としては、車内の広さ隙間の有無をはじめ、車中泊にかかるコストやオススメの積載グッズも紹介します。

フォレスターで車中泊はできる?

フォレスターでは快適に車中泊ができるのでしょうか?

室内空間のサイズや天井の高さ、シートを倒した時の隙間や段差についてみていきましょう。

荷室スペースの寸法

フォレスターで車中泊するには、荷室スペースを使います。

後部座席を倒すと、広くなるんですよ。

広くなった荷室スペースの寸法は、以下のとおり。

出典:フォレスター公式サイト

荷室スペースの奥行は、後部座席を倒した状態で1,547mm(上図①)あります。

正直、車中泊をするには少し短いですね。小柄な人以外は無理です。

しかし、斜めに長さを取ると1,800mmぐらいあります。

ですから、身長150cm以上の人も斜めに寝れば問題ありません。

ただ、2人以上で並んで寝るのは難しいですね。

ここまで聞くと、「フォレスターで車中泊するのは厳しいかも?」って思うかもしれません。

だけど、倒した後部座席と前席背面の間に300mmぐらいの隙間があるんですよ。

この隙間を埋めると、奥行が1,856mm(上図②)に広がります。

隙間の埋め方については、次項で紹介します。

高さも見てみましょう。

天井までの高さはどのくらい?

出典:フォレスター公式サイト

上図のとおり、天井までの高さは最大で884mmです。

これぐらい高さがあれば、寝る分には問題ありません。

小柄な人なら、あぐらをかいて座ることもできちゃいます。

【ポイントまとめ】

  1. フォレスターの荷室スペースは、そのままだと寝られるのは身長150cmぐらいまで。
  2. 斜めに寝るか、隙間を埋めると、身長180cmぐらいまで寝られる。
  3. 天井の高さは寝る分には問題ない。

 

隙間や段差はない?

フルフラットにしても、隙間や段差があると快適な眠りを妨げることになります。

フォレスターは段差こそないものの、隙間ができてしまいます。

隙間の解消の仕方を知っておくと、車中泊の質がグーンと上がりますよ。

前席との間に隙間アリ!

フォレスターの荷室には倒した後部座席と前席背面の間に、300mmぐらいの隙間があります。

具体的な位置は、下図の矢印で示した部分です。

出典:フォレスター公式サイト

前項でも述べましたが、フォレスターの荷室は車中泊するには少し短いです。

でも、ここを埋めると、奥行が1,856mmに広がります。

これで背が高い人でも大丈夫ですね。

段差はほぼナシ!

人は平らなところでないと、寝返りが打ちにくくて良く寝られません。

例えば、車の座席に座った状態で寝ると、熟睡しにくいのと同じです。

でも、フォレスターには段差がほぼないので、快適に寝られます。

平らにするのにクッションを置くなどの対策は不要です。

隙間や段差を埋めるのにオススメの方法

隙間を埋めるには、何か箱状の物やクッションを置くのがオススメです。

スリムタイプの収納ケースやゴミ箱が良いでしょう。

荷物を入れる収納スペースとしても使えますよ。

さらに、後部座席のヘッドレストを外せば、完全にフラットな状態が作れます。

【ポイントまとめ】

  1. 後部座席と前席の間の隙間を埋めると、荷室の奥行が約1,800mmに広がる。
  2. 段差はほぼない。
  3. 隙間は箱やクッションで埋めるのがオススメ。

 

車中泊の初期費用っていくらかかる?

フォレスターで車中泊できることは、わかりました。

でも、車中泊を始めるにはどのくらい費用がかかるのか、気になる人もいるでしょう。

宿泊施設に泊まる方が安かったら、元も子もありませんよね。

ということで、ここでは車中泊の初期費用について紹介します。

車中泊に最低限かかる費用

最低限必要な物とおおよその値段は、以下のとおりです。

家にあるもので代用しにくい寝具類を中心に紹介します。

銀マット 1,000円

出典:Amazon

アルミが貼ってある発泡スチロールシート。

寝床の一番下に敷いて、断熱するのに使います。

インフレータブルマット 5,000~1万5,000円

出典:Amazon

発泡ウレタンのマットで、バルブを開いて空気を入れて使います。

底打ち感が少なく、快適な寝心地です。

アウトドア用と車中泊用があり、後者の方が厚みがあります。

寒いところに行く人ほど、高いものを用意した方が無難です。

シュラフ 5,000~2万円

出典:モンベル

アウトドア用の寝袋。

対応温度が低くなるほど、値段が高くなります。

インフレータブルマット同様、寒いところに行く人は高いものを用意した方が良いですよ。

ブラインドシェード 3万円

出典:アイズ

車の窓につける目隠しシート。

プライバシー保護と断熱のためにつけます。

銀マットでも代用できます。

値段は高いですが、フィット感と断熱性は専用品の方が上です。

寒いところに行く人ほど、専用品がオススメ。

寒いところに行くほど、初期費用は高くなる

春から夏までの寒くない期間は、インフレータブルマットとシュラフも5,000円位のもので大丈夫です。

初期費用は1人あたり1万5,000円もあれば、事足ります。

インフレータブルマットをお昼寝マットなどにすれば、さらに安くあげられますよ。

一方、寒い冬はそういう訳にはいきません。

特にスキー場付近で車中泊する場合、零下になることもあります。

インフレータブルマットとシュラフは、厚みのあるものにしないと本気で凍えます。

ブラインドシェードもしっかりしたものを付けた方が良いですよ。

そうすると、初期費用は1人あたり6~7万円はかかります。

結構かかる感じですね。

でも、ホテルに2・3回泊まれば、これぐらいかかることもあるでしょう。

年末年始の繁忙期なら、なおさら。

ホテルはその都度お金がかかりますが、車中泊は一度の出費で済みます。

そう考えれば、安いと見ることもできますよね。

【ポイントまとめ】

春~夏の初期費用:約1万5,000円

冬の初期費用:約6~7万円

寒くなるほど寝床が重装備になるので、コストが高くなる。

 

スノボやキャンプ用品を積載するオススメグッズ

車中泊に加えてスノボやキャンプの道具も持っていくと、荷物の量が増えます。

そんな時に積載用キャリアを使えば、車の屋根に収納スペースを確保できます。

ルーフレールを付ける?付けない?

キャリアを付ける前に、まずはルーフレールを付けるかどうかを決めましょう。

ルーフレールとは、フォレスターの屋根の両サイドに付ける細長いレールのことです(下図)。

キャリアを取り付ける土台になります。

出典:フォレスター公式サイト

ルーフレールがなくても、屋根に直接キャリアを取り付けることも可能です。

ただ、2019年2月の時点ではルーフレール付きの方が対応品が多いです。

ルーフレールを付けるかどうかを決めたら、次は目的に合わせてキャリアを選びます。

 ルーフキャリアタイプ

年に数回スノボやスキーを運ぶぐらいなら、こちらがオススメ。

出典:Amazon

<メリット>

  • 価格が安い。2万円前後。
  • 使わない時は取り外し可能で、保管に場所を取られない。

<デメリット>

  • 他の用途に使えない。
  • 裸の状態で運ぶので、荷物が汚れる恐れアリ。
  • 盗難や落下の危険アリ。

キャリアは価格が安いので、手が届きやすいのが最大のメリットです。

でも、デメリットが多いので、割り切って使わないと不満が募ってしまうかもしれません。

特にスノボやスキーは汚れると、滑走に支障が出る可能性があります。

ルーフラックタイプ

キャンプの荷物を運んだりするのに、オススメ。

出典:Amazon

<メリット>

  • 価格が安い。2~3万円台からある。
  • 様々な荷物が積める。

<デメリット>

  • 裸の状態で運ぶので、荷物が汚れる恐れアリ。
  • 盗難や落下の危険アリ。

ルーフキャリアタイプとは違い、様々な用途に使えます。

普段の生活でも、大きな荷物を運ぶ時に重宝しそうですね。

ただ、デメリットはルーフキャリアタイプと同様です。

ルーフボックスタイプ

スノボやスキー以外にキャンプもするという方は、予算があるならこちらがオススメ

出典:Amazon

<メリット>

  • 何でも入る。
  • 密閉できるので、荷物が汚れない。
  • 盗難や落下の心配ナシ。

<デメリット>

  • 価格が高い。ルーフキャリアタイプの倍以上。
  • 大きいので、使わない時の保管場所に困る。

予算と保管場所さえクリアできるのであれば、ルーフボックスタイプの方がオススメです。

【ポイントまとめ】

  1. 最初にルーフレールを付けるかどうか決める。
  2. ルーフキャリアは、メリットよりデメリットが多い。
  3. 予算があるなら、ルーフボックスが断然オススメ。

 

まとめ

フォレスターで車中泊はできます。

前席と後席の間の隙間を埋めて、奥行を広げるのがポイントです。

今回の記事内で紹介した車中泊で使う寝具類は、ほんの一例です。

他にも色々なものがあります。

ただ、積載用キャリアはフォレスターがモデルチェンジしたばかりで、対応品がまだそんなにありません。

時間があるのなら、出そろうのを待った方が良いかもしれませんね。

【車をお得に買い替えるマル秘テク】最大52万円もお得に!

『車を買い換えたい』と思っている方は、これだけは知らないとをしてしまいます!

車を買い換えるとき、今まで乗っていた愛車をディーラーに下取りに出していませんか?

下取りは損をする可能性が高いです。

営業マンは、本来の下取り額よりも安く見積もって、値引きが大きくなったように見せかけるなどというテクニックも使ってきます。

だから、まず買い替え準備として行うことは、愛車の正しい価値を知ること。

ネットの一括査定を使うと、複数の大手車買取店が値段をつけてくれます。

一括査定名なので、大手業者同士が勝手に争ってくれて、査定額も高くなるです。

下取りよりも平均で16万円も高くなったというデータもあります。

 

愛車を高く売って、グレードアップしてもいいし、好きなオプションをつけるのもよし。家族旅行の貯金に回してもいいですね!

50万円も高くなった方も!/

 

営業マンに騙されるな!新車をとことん安くする「値引き交渉マニュアル」

車欲しいなぁ・・・。でもお金ないし。 お金のことで新車を諦めている方もいるかも知れませんね。 でも、もし欲しい新車が50万円いや、80万円も安く買えるとしたらどうでしょうか? 300万円の新車が220 ...

続きを見る



-フォレスター

Copyright© 【SUV BUFF】SUV乗り換えガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.