フォレスター

新型フォレスターの内装は安っぽい?それともおしゃれ?

投稿日:2019年3月24日 更新日:

2018年7月にフルモデルチェンジした、スバルのミドルクラスSUVの新型フォレスター。

今までのフォレスターは、「外観はカッコイイんだけど、内装はちょっと…」と感じる方もいたようです。

いやいや、5代目モデルはかなりレベルアップしていますよ。

さらにスタイリッシュでカッコイイ外観になりましたが、内装だって負けていません!

では、気になる内装を画像で確認しながら、一緒に検証していきましょう。

フォレスターの内装の質感チェック!

フォレスター 内装

出典:フォレスター スバル公式

新型フォレスターの内装は、4つのグレードにより異なります。

先進的かつスタイリッシュなものから、上品で優雅なデザイン。

アクセントカラーのレッドオレンジが個性を放つ、スポーティーなデザイン。

印象の異なる室内ですが、どれも満足できる質感になっています。

思いっきりアクティブに乗り回したいか、上質なおしゃれを楽しみながら乗りたいか。

あなたの求める室内はどういったものでしょう?

それぞれの内装を詳しく説明していきますね。

 

グレードごとの内装の違いは?

新型フォレスターのグレードは以下の4つです。

  • 「ツーリング」・・・ベースグレード
  • 「X-ブレイク」・・・アクティブな外観と内装
  • 「プレミアム」・・・上級装備を搭載したハイグレードモデル
  • 「アドバンス」・・・上級装備+ハイブリッドモデル

それぞれのグレードで、コクピットデザインやシートの素材が違っています。

では、どんな違いがあるのか説明しましょう。

コクピットデザイン

各グレードの主な内装仕様を、下記の表にまとめました。

グレード名 インパネアッパートリム インパネ加飾パネル センタートレイ加飾
ツーリング シルバーステッチ シルバー塗装 シルバー塗装
X-ブレイク レッドステッチ シルバー塗装 アルミ調&表表皮+レッドオレンジステッチ
プレミアム シルバーステッチ パンチングメタル調 シルバー塗装
アドバンス シルバーステッチ パンチングメタル調 アルミ調

それぞれ見ていきましょう。

ツーリング

フォレスター 内装 ツーリング

出典:フォレスター スバル公式

シンプルなデザインにシルバー塗装が施されており、スタイリッシュな雰囲気。

X-ブレイク

出典:フォレスター スバル公式

レッドオレンジのアクセントカラーが、アクティブ感をおしゃれに演出。

プレミアム

フォレスター 内装 プレミアム

出典:フォレスター スバル公式

インパネ加飾にパンチングメタル調を取り入れるなど、ハイグレードとしての差別化を図っています。

ただ、パンチングメタル調は好みが分かれるようですね・・・

アドバンス

出典:フォレスター スバル公式

最上級グレードとあって、しっとり落ち着いた雰囲気に。

 

シートの素材と機能

シート表皮は、グレードにより3種類あります。

各グレードのシート仕様はこちら。

グレード名 シート表皮 運転席&助手席シートヒーター
ツーリング ファブリック/トリコット+合成皮革 温度調整機能なし
X-ブレイク はっ水ファブリック/合成皮革 温度調整機能なし
プレミアム ファブリック/トリコット+合成皮革 3段階温度調整機能付
アドバンス ファブリック/トリコット+合成皮革 3段階温度調整機能付

それぞれの違いを見てみましょう。

ツーリング

フォレスター 内装 シート

出典:フォレスター スバル公式

Touring用のファブリック/トリコット+合成皮革にシルバーステッチが施されています。

トリコット(たて編み)仕様のため、肌触りが良く上質な質感のシートです。

X-ブレイク

出典:フォレスター スバル公式

個性派X-ブレイクのインテリアは、はっ水ファブリック+合成皮革です。

唯一使われているはっ水シートには、レッドオレンジステッチの加飾が施されています。

また、カーゴフロアボードもはっ水加工がされています。

ぬれたものや汚れたものを載せても、サッと拭くだけでO.K。

LEDリヤゲートランプが備え付けられているから、夜の荷積みも楽々!

新型フォレスターの中で、最もアウトドアに適したグレードです。

プレミアム

フォレスター 内装 シート

出典:フォレスター スバル公式

Premium&Advance用のファブリック/トリコット+合成皮革にシルバーステッチがプラス。

さらに上質なインテリアを求める方のために、ブラックの本革シートがメーカーオプションに設定されています。

アドバンス

出典:フォレスター スバル公式

プレミアムと同じ、ファブリック/トリコット+合成皮革にシルバーステッチが施されたシートです。

アドバンスのインテリアには、ブラックとブラウンの本革シートがメーカーオプションに設定されています。

どちらもシルバーステッチが入り、ガラリと雰囲気の変わる高級仕様です。

また、「ブラウンの本革はアドバンスだけ」というのも、レア感がありますよね。

特別感を出したい方にオススメです。

 

ファブリックシートと本革シートのメリット・デメリット

内装の印象を大きく変えるシート素材。

ファブリックシートと本革シート、それぞれのメリットとデメリットを見ていきましょう。

ファブリックシートのメリット・デメリット

フォレスター 内装 シート

出典:フォレスター スバル公式

ファブリックシートは、ツーリング・プレミアム・アドバンスに標準装備されています。

メリット

  • 通気性に優れているから蒸れにくい
  • 滑らないからドライビングポジションが安定する
  • 冬、ヒヤッとした冷たさがない
  • メンテナンスがいらなくて劣化しにくい

ファブリックシートのメリットは、通気性の良さとドライビングポジションの安定でしょう。

また、特別なメンテナンスがいらないのも楽ですよね。

デメリット

  • 汚れや匂いが付きやすい
  • ジュースなどをこぼすとシミになる
  • 砂や食べかすなどが布の繊維の中に入り込んでしまう

ファブリックシートの主なデメリットは、汚れに関するもの。

布なので洋服と同じで、汚れや匂いが付きやすいのです。

ただ、洋服のように洗えないので、シミになってしまうのが困りますよね。

本革シートのメリット・デメリット

出典:フォレスター スバル公式

本革シートは、プレミアムとアドバンスにメーカーオプションとして用意されています。

メリット

  • この高級感は本革だからこそ
  • 傷や擦れに強く耐久性が高い
  • 汚れてもサッと拭き取れる
  • しっとりとした質感がよく、座り心地は最高

やはり本革のメリットは、高級感。

標準装備のファブリックシートと比べると、格段にグレードアップします。

ワイルドな外観と洗練された内装のギャップはたまりませんよね~。

また、劣化ととられる使用感が、本革だと独特の味になるのも大きな魅力。

デメリット

  • 蒸れやすい
  • 冬はシートが冷たい
  • 値段が高い

本革のデメリットと言えば、蒸れ。

これはもう本革の宿命とも言えますね。

ただ、冬のシートの冷たさに関してはご安心を。

新型フォレスターは、運転席・助手席・後席左右にシートヒーターが装備されています。

しかも、全グレードに付いているから凄い!

 本革シートにする場合の価格は?

メーカーオプションである本革シートの単体価格は108,000円

覚悟はしていましたが、やはり高い。

しかし、滑らかな肌触りや、柔らかく包み込まれるような座り心地。

本革ならではの質感は、価格以上の価値がありますよ。

 

もっとおしゃれにドレスアップするカスタムパーツ3選

新型フォレスターの運転が、もっと楽しくなる内装パーツを紹介します。

フットランプ 30,240円

出典:フォレスタースバル公式

ホワイトLEDのフットランプ。

下から照らされることで幻想的な雰囲気を演出してくれます。

光源が直接目に入ることもないので、まぶしいと感じることもありません。

もちろん、何かを落としたり、こぼしたりした時にも便利です。

もう、携帯の灯りで探さなくていいですよ(笑)

ドリンクフォルダーイルミネーション 30,240円

出典:フォレスタースバル公式

ドリンクホルダーの底が光ります。

セットしたペットボトルを通した光は美しく、なんとも粋な演出です。

ドリンクの色を変えれば、また違う雰囲気を楽しめます。

夜のドライブも楽しみになりますね。

ウルトラスエード 18,360円~20,520円

出典:フォレスタースバル公式

ウルトラスエードは、東レが開発した好感度・高機能素材の高級生地で、他社車でも使われています。

上質な手触りで色あせが少なく、高級感を求める人にはピッタリなカスタムパーツです。

型崩れがしにくいので、メンテナンスも楽チン。

 

内装のカスタムは外装に比べて費用も安いので、チャレンジしやすいのが良いですね。

ドレスアップと機能性を兼ね備えたカスタムなら、一石二鳥ですし。

「もっと個性的なインテリアにしたい」という方には、カーボン調や木目調のインパネパネルがおすすめ。

視界に入る場所なので、見るたびにワクワクしますよ。

自分だけの空間を、思いっきり楽しみましょう!

 

こちらの記事では、付けておくと便利なオプションを紹介しています。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

新型フォレスターのおすすめオプション。ナビは社外品ではなく純正!

「フォレスターのオプションって、いっぱいあってどれが良いのかわからない!」 という悩みを持っている人もいるのではないでしょうか。 なにしろ、フォレスターのオプションは100種類以上あるのです。 でも本 ...

続きを見る

 

まとめ

内装の安っぽさが不安視されていた新型フォレスター。

ベースグレードの質感から底上げされていて、かなり上質な内装になりました。

シルバー加飾やレッドオレンジ加飾などにより、洗練された近未来的なインテリアとなっています。

とことん高級感にこだわりたい方は、ハイグレードモデルを自分好みにカスタムすると良いでしょう。

デザインや質感は実際に見ると印象が違うことがあります。

ぜひ、ご自分の目で実物を見て確かめてくださいね。

知らないと損?!フォレスターの値引き法を口コミから学ぶ!

憧れのフォレスターに乗り換えたいけど・・・新車って高い買い物だしなぁ。 とてもじゃないけど、家族会議で話し合ってもらえそうにないし。 ちょっとでも安くならないかな・・・(溜息)。 今回は、そんな悩める ...

続きを見る

【車をお得に買い替えるマル秘テク】最大52万円もお得に!

『車を買い換えたい』と思っている方は、これだけは知らないとをしてしまいます!

車を買い換えるとき、今まで乗っていた愛車をディーラーに下取りに出していませんか?

下取りは損をする可能性が高いです。

営業マンは、本来の下取り額よりも安く見積もって、値引きが大きくなったように見せかけるなどというテクニックも使ってきます。

だから、まず買い替え準備として行うことは、愛車の正しい価値を知ること。

ネットの一括査定を使うと、複数の大手車買取店が値段をつけてくれます。

一括査定名なので、大手業者同士が勝手に争ってくれて、査定額も高くなるです。

下取りよりも平均で16万円も高くなったというデータもあります。

 

愛車を高く売って、グレードアップしてもいいし、好きなオプションをつけるのもよし。家族旅行の貯金に回してもいいですね!

50万円も高くなった方も!/

 

営業マンに騙されるな!新車をとことん安くする「値引き交渉マニュアル」

車欲しいなぁ・・・。でもお金ないし。 お金のことで新車を諦めている方もいるかも知れませんね。 でも、もし欲しい新車が50万円いや、80万円も安く買えるとしたらどうでしょうか? 300万円の新車が220 ...

続きを見る



-フォレスター

Copyright© 【SUV BUFF】SUV乗り換えガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.