CX-5

CX-5のサイズを比較!駐車スペースにちゃんと入る?

2019年5月17日

CX-5の購入を検討しているんだけど、サイズってどんなもん?
営業マン
そうですね。ミドルサイズのSUVなので小さくはありません。
嫁さん大丈夫かな?駐車場にも入るかな・・・

ということで、今回はCX-5のサイズに迫っていきます。

CXシリーズの真ん中であるCX-5。

サイズは結構あります。

家やマンションの駐車場に入るかな?

運転が苦手な奥さんでも大丈夫かな?

などの不安があると思うので、サイズを確認しながら見ていきましょう。

 

CX-5の車体サイズは大きい?

CX-5のサイズ情報を以下にまとめました。

出典:CX-5公式

全長(mm) 4,545
全幅(mm) 1,840
全高(mm) 1,690
ホイールベース(mm) 2,700
乗車定員(名) 5
車両重量(kg) 1,520〜1,710

CX-5の全幅は1840mmあります。

日本では道路の広さや駐車場の大きさから、1800mmまでの車幅が扱いやすい車と言われます。

CX-5は1800mmを超えているので、扱いづらいです。

狭い道でのすれ違いや、狭い駐車場では少し大変かもしれません。

でも、安心してください。

駐車が苦手な方には、便利な「360°ビュー・モニター」があります。

360°ビュー・モニターについてはまた後でじっくり説明させていただきます。

 

CX-5の室内は広くて快適

CX-5は車幅が広いので、車内もゆったりとリラックスできる設計がされています。

またリアシートにもリクライニング機能が付いており快適です。

リアシートのアームレストに充電用のUSB端子が付いています。

スマホやゲームの充電をするときに重宝しますね。

CX-5は5人乗りですが、5人で乗ると少し窮屈です。

常に5人以上で乗るなら、CX-8のほうがおすすめです。

4人であればかなり余裕があり、快適なドライブが楽しめるでしょう。

CXシリーズとサイズ比較。

CX-5が気になっている人は、同じシリーズのCX-3やCX-8も気になるはず。

今回はCXシリーズのサイズ比較をします。

サイズ比較:CX-3 vs CX-5 vs CX-8

外観サイズなどのスペックを比較してみましょう。

車種 CX-3 CX-5 CX-8
全長(mm) 4,275 4,545 4,900
全幅(mm) 1,765 1,840 1,840
全高(mm) 1,550 1,690 1,730
ホイールベース(mm) 2,570 2,700 2,930
乗車定員(名) 5 5 6or7
車両重量(kg) 1,230〜1,370 1,520〜1,710 1,710〜1,910
最小回転半径(m) 5.3 5.5 5.8

CXシリーズの後ろにつく数字は、車の大きさを表しています

日本で発売されているのはCX-3・CX-5・CX-8の3種類。

CX-3・CX-5は5人乗りで、CX-8は3列シートで6人と7人乗りがあります。

CX-3はコンパクトSUVなので、サイズが小さく小回りも効くので扱いやすいです。

ヴェゼルやC-HRと同じサイズですね。

 

CX-5はミドルサイズSUVで、CX-3と比べるとサイズは大きく室内空間はゆったりしています。

ハリアーやエクストレイルと同じサイズです。

 

CX-8は3列シートのファミリータイプ

3列シートなので5人~7人でドライブすることもある方におすすめ

ランドクルーザーと同じ位のサイズなので、扱いには気を使うかもしれません。

 

CXシリーズの中で一番売れているのはやはりCX-5です。

サイズも価格もちょうどいいですよね。

関連記事を乗せておきますので、参考にしてください。

ライバル車とサイズ比較

続いては、CX-5とライバル車のサイズを比較していきましょう。

今回は日産:エクストレイル・トヨタ:ハリアー・スズキ:フォレスターと比較します。

CX-5 vs エクストレイル vs ハリアー vs フォレスター

車種 CX-5 エクストレイル ハリアー フォレスター
全長(mm) 4,545 4,640 4,725 4,625
全幅(mm) 1,840 1,820 1,835 1,815
全高(mm) 1,690 1,715 1,690 1715〜1730
ホイールベース(mm) 2,700 2,705 2,660 2,670
乗車定員(名) 5 5〜7 5 5
車両重量(kg) 1,520〜1,710 1,715〜1,895 1,690〜1,800 1,520〜1,640
最小回転半径(m) 5.5 5.6 5.6〜5.7 5.4

結果は表のようになりました。

CX-5の全長が一番短く、全幅は一番長いです。

なので、CX-5は他の車と比べると幅広な車です。

最小回転半径が一番小さいのはフォレスターでした。

CX-5の最小回転半径は、2番目に良い結果でした。

つまり、CX-5はライバル社に比べると車幅が広めですが、小回りがしやすい車と言えます。

立体駐車場に入るの?

立体駐車場には、自走式駐車場と機械式駐車場があります。

自走式駐車場は十分広く、余裕を持って駐車できるでしょう。

一方で機械式駐車場は効率よく車を収納するために、駐車幅が狭い場合が多いです。

機械式駐車場では、基本的に1,550mmの高さ制限があります。

なので、1,550mmの高さ制限がある機械式駐車場にはCX-5は駐車できません。

中には2mの制限のところもあるので、立体駐車場に止めるときは高さ制限をしっかり確認しましょう。

駐車が苦手な方はこのオプション

駐車が苦手・・・。

狭い場所でぶつけないか心配・・・

そんな方におすすめなのが、360°ビュー・モニターです。

バックの際に、サイドミラーをみたり後ろを振り返ったりと忙しく確認していませんか?

360°ビュー・モニター+フロントパーキングセンサーでCX-5でも楽に駐車できます

メーカーセットオプションですので、購入時に注文しないと付けられません。

これ、本当に便利です。

狭い駐車場で、「前が当たらないかな?」「あれ、ズレてない?」などと何度も何度も切り替えしていませんか?

この360°ビュー・モニターは、真上から見たような映像が映るので、壁や隣の車との距離が一発でわかります。

もし、気になっているなら試乗のときに使ってみてください。

駐車が不安な人には必須オプションです。

まとめ

CX-5はミドルサイズSUVで全幅が1,800mm以上ある割と大きめの車です。

ライバルのエクストレイルやハリアー、フォレスターも同じようなサイズです。

もし、「ちょっと大きくてムリかな・・・」と不安ならワンサイズ下げてCX-3を検討してみてください。

 

でも、やっぱり室内も広くパワーもあるCX-5は魅力的ですよね。

そんな方は、360°ビュー・モニターを付けてください

バックするときに、上から見た映像がでてくるので狭い場所での駐車が断然楽になります。

 

家の駐車場に入るか心配な方は、しっかり寸法を測っておきましょう。

全幅のサイズにミラーは含まれていませんのでご注意を。

 

サイズが不安な方は、試乗して確かめましょうね。

 

【車をお得に買い替えるマル秘テク】最大52万円もお得に!

『車を買い換えたい』と思っている方は、これだけは知らないとをしてしまいます!

車を買い換えるとき、今まで乗っていた愛車をディーラーに下取りに出していませんか?

下取りは損をする可能性が高いです。

営業マンは、本来の下取り額よりも安く見積もって、値引きが大きくなったように見せかけるなどというテクニックも使ってきます。

だから、まず買い替え準備として行うことは、愛車の正しい価値を知ること。

ネットの一括査定を使うと、複数の大手車買取店が値段をつけてくれます。

一括査定名なので、大手業者同士が勝手に争ってくれて、査定額も高くなるです。

下取りよりも平均で16万円も高くなったというデータもあります。

 

愛車を高く売って、グレードアップしてもいいし、好きなオプションをつけるのもよし。家族旅行の貯金に回してもいいですね!

50万円も高くなった方も!/

 

営業マンに騙されるな!新車をとことん安くする「値引き交渉マニュアル」

車欲しいなぁ・・・。でもお金ないし。 お金のことで新車を諦めている方もいるかも知れませんね。 でも、もし欲しい新車が50万円いや、80万円も安く買えるとしたらどうでしょうか? 300万円の新車が220 ...

続きを見る



-CX-5

Copyright© 【SUV BUFF】SUV乗り換えガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.