SUVとは

7人乗りSUVをファミリーカーに!燃費は?乗り心地は?人気車をご紹介!

子供たちも大きくなると、少し長く車に乗っていられるようになります。

両親もつれて、どこかへ出かけたいな。

そんな時は車の買い替え時。

多人数でも快適にドライブできる車を選ぶ時です。

家族7人で乗れる車を探しているんです。
営業マン
それなら、こちらのミニバン・ワゴン・SUVになりますね。
え?SUV⁇

SUVというと、アウトドア向きの5人乗り車というイメージです。

しかし、3列シートの7人乗りSUVもあります。

アウトドアを楽しむ家族が増えたことで、7人乗りのSUVがファミリーカーとして人気なんです。

新型車にも7人乗りグレードが増えてきました。

今回は、7人乗りSUVをご紹介していきましょう。

 

燃費のよい7人乗りSUV~国産車~

ミニバンやワゴン車からSUVへ乗り換える時、気になるのは燃費です。

重い車体にパワーのあるエンジンとなれば、動かすための燃料費もかかるはず

まずは、燃費のよいSUVを見ていきましょう。

ハイブリッド

レクサス RX450hL

出典:レクサス公式サイト

燃費(JC08モード) 17.8㎞/ℓ
エンジン 3.5ℓV型6気筒ハイブリッドエンジン
車内寸法 室内長2.630㎜ 室内幅1.590㎜ 室内高1.200㎜ 地上高200㎜
車両本体価格 796万円

1998年に発売開始され、2015年フルモデルチェンジし、現在は4代目です。

2017年12月のマイナーチェンジで、7人乗りモデルを追加しました。

贅沢な高級感あふれるSUVです。

本革やメタリック塗装がされており、インテリア全てに1段上の上質感があります。

安全性能は、「レクサス セーフティ・システム+」を全車標準装備しています。

(衝突回避支援システム・車線維持支援システム・全車速追従機能・自動ハイビームシステム・先行車発進告知機能など)

引用:レクサス公式サイト

3列目シートへの乗降は、移動がスムーズになる「ウォークインモード」を採用。

スイッチ操作でシートを前方・後方へ移動でき、足元やラゲッジスペースを広げられます。

後方座席の視点を高くするシアタースタイルによって、3列目シートの圧迫感を軽減。

独立した温度調節オートエアコンも装備され、いたれり尽くせりですね。

 

クリーンディーゼル

マツダ CX-8 XD

出典:マツダ公式サイト

燃費(WLTCモード) 2WD・15.4㎞/ℓ  4WD・15.8㎞/ℓ
エンジン 2.0ℓクリーンディーゼルエンジン
車内寸法 室内長2.690㎜ 室内幅1.540㎜ 室内高1.250㎜ 地上高200㎜
車両本体価格 382万円(2WD)・ 406万円(4WD)

2017年発売開始され、2019年10月一部改良されています。

6人乗りまたは7人乗り3列シートが、全グレードに採用

マツダでは、 “ミニバンに代わる新たなSUV”と位置付けています。

先進安全技術「マツダ セーフティ・サポートカーS」を全車標準装備。

(歩行者検知・誤発進抑制・車線逸脱警報・後方からの接近警報・ブレーキ自動制御など)

3列目シートまで含めた衝突安全性能で、さらに安心感が高まります。

引用:マツダ公式サイト

室内の快適性や静粛性を追求した装備が充実。

2列目シート・3列目シートともに、同じシート構造で座り心地を重視しています。

3列目シートへの乗降も、操作が少なく簡単にスライドでき、子供でも扱えます。

CX-8の燃費は悪いの?ガソリン車とディーゼル車を比較

あこがれのCX-8、欲しいけど大きいからすごく燃費悪そう……。 そんなこと思ってるあなた!実はCX-8の燃費ってあまり悪くないんですよ。 「本当に?」疑問に思っていますよね。 なので今回は具体的に「ラ ...

続きを見る

 

トヨタ・ランドクルーザープラド

出典:トヨタ公式サイト

燃費(JC08 モード) TZ-G 11.2㎞/ℓ・TX/TX・L  11.8㎞/ℓ
エンジン 2.8ℓクリーンディーゼルエンジン
車内寸法 室内長2.520㎜ 室内幅1.565㎜ 室内高1.240㎜ 地上高220㎜
車両本体価格 TZ-G 546万円・TX-L 491万円・TX 438万円

1990年発売開始された、本格派SUVです。

2009年フルモデルチェンジし、現在は4代目。

2015年のマイナーチェンジで、ディーゼルエンジンが搭載されました。

衝突回避支援パッケージ「トヨタセーフティセンス」が全車標準装備され、安全性能も充実しています。

引用:トヨタ公式サイト

2列目シートにスライド機能があり、足元を広げることができます。

ウォークイン機構により、3列目への乗り降りもスムーズ。

3列目シートをスイッチ操作で格納できる、電動フロア格納機構が採用されています。

ランドクルーザープラドの実燃費は悪いの?実際の燃費をライバルと比較

ランドクルーザープラドって車体も大きいし、いかにも重そう・・・・。 やっぱり燃費は悪いよね? と燃費のことは諦めている方も多いのではないでしょうか? いやいや、実はプラドにはディーゼル車もあって、あな ...

続きを見る

 

ガソリン

日産・エクストレイル20X

出典:日産公式サイト

燃費(JC08 モード) 2WD 16.4㎞/ℓ 4WD 15.6㎞/ℓ
エンジン 2.0ℓガソリンエンジン
車内寸法 室内長2555㎜ 室内幅1535㎜ 室内高1270㎜ 地上高205㎜
車両本体価格 277万円(2WD) ・298万円(4WD)

2000年に発売開始され、2013年にフルモデルチェンジした現在は、3代目になります。

このモデルチェンジから、7人乗りグレードが追加されました。

安全装備が充実しているのが嬉しいところ。

(踏み間違い衝突防止アシスト・車線逸脱警報・進入禁止機構検知など)

また、運転支援としてアイドリングストップ・ヒルスタートアシストなども標準装備されています。

(プロパイロット・車線逸脱防止・後方車両検知などはメーカーオプション)

引用:日産公式サイト

収納も安心の容量で、3列目シートをたたんだ荷室は、マウンテンバイクが余裕で収まります。

シートも汚れがつきにくい防水加工ですが、蒸れたりしない快適さを保っています。

エクストレイルの実燃費を徹底比較!ガソリンとハイブリッドどっち?

新型エクストレイル の燃費ってどうなの? 結果から言うと、 カタログ燃費16.4km/L、実燃費12.3km/L。 ※2WD ガソリンの場合 でも、これって妥当? 4WDは? ハイブリッドは? 旧型は ...

続きを見る

 

三菱・アウトランダー

出典:三菱公式サイト

燃費(JC08 モード) 2WD 16.0㎞/ℓ 4WD 14.6㎞/ℓ
エンジン 2.0ℓ・2.4ℓガソリンエンジン
車内寸法 室内長2.580㎜ 室内幅1.495㎜ 室内高1.265㎜ 地上高190㎜
車両本体価格 272万円~342万円

2006年に発売開始され、2012年にフルモデルチェンジ、2015年にマイナーチェンジしています。

三菱の「e-アシスト」システムを全車標準装備。

(衝突被害軽減ブレーキシステム・オートマチックハイビーム・車線逸脱警報・誤発進抑制機能など)

スマートフォン連携ナビゲーションが中央パネルに搭載されています。

音楽再生やハンズフリー通話が簡単にでき、スマートフォンのアプリケーションも使えます

引用:三菱公式サイト

シートは本革やスエード調素材などを選べます。

2列目・3列目シートを倒すとフルフラットになり、荷物の積み込みにも休憩にも最適です。

アウトランダーPHEV アイキャッチ
アウトランダーPHEVの燃費はいいのか?悪いのか?家計に優しい車か検証しよう!

アウトランダーPHEVは乗り心地バツグンだけど、燃費はいいの? 1か月に何度もガソリンスタンドに充電行かないといけないの? 1回の給油に必要なお金はどのくらい? 給油なしにどこまで走れるの? &nbs ...

続きを見る

 

ホンダ CR-V EX

出典:ホンダ公式サイト

燃費(JC08 モード) 2WD 15.4㎞/ℓ・4WD 15.0㎞/ℓ(マスタープライスグレードは14.6㎞/ℓ)
エンジン 1.5ℓターボエンジン
車内寸法 室内長2.520㎜ 室内幅1.520㎜ 室内高1.230㎜ 地上高200~210㎜
車両本体価格 348万円~410万円

1955年に発売開始されました。

2018年のフルモデルチェンジから、7人乗りグレード(ガソリン車のみ)が登場しています。

安全運転支援システム「ホンダセンシング」を全車標準装備しています。

引用:ホンダ公式サイト

5人乗りグレードと全長は同じ寸法です。

燃料タンクの形状を変えて、3列目シート仕様にしています。

2列目シートを跳ね上げて、簡単に乗り降りできるよう工夫されています。

 

この他、レクサス「LX570」・トヨタ「ランドクルーザー」には、8人乗りグレードがあります。

また、三菱「パジェロ]」にも7人乗りグレードがありましたが、2019年8月に生産終了しています。

国産車では、現行の7人乗りSUVは6車種と少ないのが現状です。

生産終了となった車種もありますから、中古車を探すのもよいかもしれません。

新型CR-Vの実燃費は悪いのか?ハイブリッドとガソリン車を比較

7人乗りSUVとしてはコンパクトなボディをもつCR-Vですが、ターボチャージャー付きの1,500ccエンジンの実燃費が気になります。 60kgの大人が7人乗車しても大丈夫という設定で作られているCR- ...

続きを見る

 

燃費のよい7人乗りSUV~外車~

国産車では、まだ車種の少ない7人乗りSUVですが、外車は数多くの車種が発売されています。

燃費のよい車種をピックアップしてみました。

クリーンディーゼル

プジョー・5008 GT BlueHDi

出典:プジョー日本公式サイト

燃費(JC08 モード) 2WD 17.8㎞/ℓ
エンジン 2.0ℓターボチャージャー付クリーンディーゼルエンジン
車体寸法 全長4.640㎜ 全幅1.860㎜ 全高1.650㎜ 地上高170㎜
車両本体価格 481万円

2009年発売開始されましたが、当初はミニバンでした。

2017年フルモデルチェンジし、8速オートマチックのSUVスタイルへ変更されました。

最新の安全システムが標準装備されています。

  • アクティブセーフティブレーキ(障害物を検知し自動でブレーキをかける)
  • レーンキープアシスト(車線検知・保持システム)
  • アクティブクルーズコントロール(前車追従機能)

8インチタッチスクリーンがダッシュボード中央に配置されています。

大きくて見やすく、スマートフォンのように指先で操作できます。

i-Cockpit Amplify(アンプリファイ)という、照明・香り・サウンドをカスタマイズできる機能がついています。

引用:プジョー日本公式サイト

全席が独立しており、2列目シートはスライド機能とリクライニング機能がついています。

3列目シートは2列目よりも高く設定され、視界を広くしています。

さらにシートの着脱が可能で、積載量を軽くし、荷室を広げることができます。

 

BMW X5

出典:BMW日本公式サイト

燃費(JC08 モード) 14.4㎞/ℓ
エンジン 3.0ℓ6気筒ターボディーゼルエンジン
車体寸法 全長4.935㎜ 全幅2.005㎜ 全高1.770㎜ 地上高215㎜
車両本体価格 938万円~1.031万円

2000年にBMW初のSUVとして、発売開始されました。

2019年にフルモデルチェンジしています。

ハンズオフ機能付き渋滞支援機能や、来た道を自動で戻るリバースアシスト機能など最新機能が満載です。

中央パネルには、BMWオペレーティングシステム7.0を搭載。

タッチスクリーンだけでなく、音声やジェスチャーでも操作できるシステムです。

車内は、フレグランス効果イオン化機能が搭載。

専用に調香された8種類の香りを選ぶことができます。

また、移動中でもより良い音になる音響システムが採用されています。

引用:BMW日本公式サイト

安全機能は、最新機能を含めて徹底して搭載されています。

ドライビングアシストプロフェッショナル 運転支援テクノロジー

  • 衝突回避・被害軽減ブレーキ
  • 前車接近警告機能
  • アクティブクルーズコントロール
  • レーンアシストコントロール

価格がぐっとアップしますが、この機能やインテリアの高級感を見ると納得です。

 

ハイブリッド

ボルボ XC90 T8

出典:ボルボ日本公式サイト

燃費(JC08 モード) 15.0㎞/ℓ
エンジン 2.0ℓハイブリッドエンジン(スーパー&ターボチャージャー付)
車体寸法 全長4.950㎜ 全幅1.960㎜ 全高1.760㎜ 地上高180㎜
車両本体価格 1.124万円

2002年にボルボ初のSUVとして発売が開始。

2016年のフルモデルチェンジで、ハイブリッドグレードが登場しました。

価格に見合う、最新機能・インテリアが装備されています。

3つのドライブモード

  • 電動モーターだけでの走行
  • エンジンでの走行
  • エンジンと電動モーターの両方を使う走行

安全機能・走行支援

  • IntelliSafe(インテリセーフ)システム…自動被害軽減をブレーキとハンドルの両方で自動操作
  • 自動車・歩行者・自転車などの検知機能…右折時も機能
  • 個別キー設定…速度制限や先行車両との車間距離・スピード警告などをキーで設定
  • 走行支援「サポート&プロベント」…後退時衝突回避や軽減・全車速追従機能・車線維持システムなど

引用:ボルボ公式サイト「デジタルカタログ

2列目シートは個別にスライド・リクライニング機能があり、調整が可能。

後方席は、着座位置を高くして視界を広くしています。

また、2列目中央席の座席の高さを調節して、子供に丁度良いシートベルト位置にできます。

オーディオシステムもこだわりの充実。

音響効果を考えて設計され、車内に19個のスピーカーが装備されています。

 

海外では、クリーンディーゼルが多く発売されています。

ハイブリッド車のレクサス「RX450hL」と、ディーゼル車のプジョー「5008」がほぼ同じ燃費でした。

燃料価格だけで考えれば、軽油を使うディーゼル車は維持費が安くなる計算です。

海外の車も日本に正規ディーラーが多く、メンテナンスの面でも安心して購入できます。

選択肢を広げられますね。

そうは言っても、乗り心地とかも気になるし…。

シートの座り心地や快適さは、体験してみないと分かりませんよね。

こちらで口コミや動画をご紹介。

参考にしてみてください。

広くておすすめの3列シートSUV。国産車はコレ!お手頃外車3選も

最近、3列シートのあるSUVが人気です。 6人乗れる車が欲しいけどミニバンは好みじゃない、という人の視線を集めています。 『いかにも』なファミリーカーに抵抗がある人は意外と多いもの。 でも、子供と一緒 ...

続きを見る

 

中古車で人気の7人乗りSUVは?

7人乗りグレードの新車となると、本体価格に、オプションに…と値段は天井知らず。

そこで、中古車から探すことも考えてみましょう。

価格.COMでSUV人気の中古車ランキングから7人乗りのグレードをもつSUV中古車をピックアップしました。

参考サイト:価格.COM「人気のSUV中古車ランキング

人気のSUV中古車

1位 ランドクルーザープラド 価格38万円~663万円

SUVの中古車の中では、不動の人気と言えるでしょう。

2500件の登録台数がありました。

価格の傾向

  • 2019年登録車が最も多い
  • 登録年式は2000年以前のものが半数を占めている
  • 古い年式で300万円を超える車もあり、価格はまちまち
  • オプションや過去モデルの人気が値段を決めている

ただし、年式が下がれば燃費も下がるので、価格と燃費の両方を考える必要があります。

 

6位 エクストレイル 価格9万円~375万円

こちらもSUVとして長く人気を誇る車種です。

4336台の登録件数がありましたが、7人乗りグレードがある2013年モデルは2919台でした。

2013年モデルの中古車価格は、75万円~375万円です。

価格の傾向

  • フルモデルチェンジ後の登録年式(2014年・2015年)の中古車が多い
  • 登録年式が古くなれば、価格も下がっていく傾向

 

16位 CX-8 価格248万円~480万円

2017年に発売されたばかりですから、中古車登録件数も380件と少ないです。

価格の傾向

  • 2018年登録車が最も多い
  • 価格は270万円台~400万円台とばらつきが見られる
  • オプションなど充実している車両を選べば、新車価格と同程度になる

発売間もないモデルですから、中古車の値段も新車価格とあまり差がないようです。

 

30位 CR-V 価格9万円~518万円

発売から20年近く経っていますが、中古車の台数は708台と少ないようです。

7人乗りグレード2018年モデルで、価格は265万円~518万円でした。

価格の傾向

  • 価格帯が安価な価格帯と高価な価格帯に2分している
  • 中間の価格帯が少ない傾向

7人乗りグレードは年式が新しいので、ほぼ新車価格と思っていいでしょう。

オプションや走行距離で選ぶと、選択肢はさらに減ります。

 

33位 X5 価格38万円~928万円

価格も車両もビックな車ですが、中古車なら手の届きそうな価格のものがありますね。

登録台数は333件でした。

価格の傾向

  • 2013年フルモデルチェンジ以降の登録車価格が、400万円以上
  • 270万円以下では、2013年モデル以前のものが多い

年式にこだわらなければ、憧れのBMWを購入できそうですね。

 

価格や年式を中心に、7人乗りSUVの中古車を見てみました。

7人乗りグレードが増えてきましたが、中古車市場では取扱台数は少ないようです。

 

注意したいのは、同じグレードでも5人乗りと7人乗りの車がある点です。

今回は、「7人乗りグレードのある登録年」で調べています。

ですから、5人乗り・7人乗りを分けた統計になっていません

中古車サイトなどで調べる時には、装備やオプション表で、7人乗りであることを確認しましょう。

 

ファミリーカーとしての7人乗りSUV

ミニバンだけでなく、家族全員が乗れる車としてSUVも候補の1つになっています。

では、その違いはどこにあるのでしょうか?

ミニバンとの違い

ミニバンとの違いを考える時に、その走行性能や使い勝手があげられます。

ミニバン→SUV 違う点

  • スライドドアや低床化しており乗りやすい →悪路走破のため、高さがあり乗り込みにくい
  • 四角い車体なので、デザインの特徴はフロント部分に集中する →空気抵抗を落とすためのデザインとSUVらしい頑強なデザインが融合
  • オンロード走行を中心にした走り →オフロード走行を中心にした走り
  • 室内の長さ・高さがあり、大量の荷物が積み込める →床下の高さがあるため室内高は抑えられている
  • 日常使いに安心の燃費や静粛性がある →アウトドア向けのパワーのあるエンジンで燃費や静粛性は低い

日常使いを中心としたミニバンは、その乗り心地や使い勝手の良さが人気です。

オフロード走行をするためのSUVは、走行性能や車体構造が、乗降りの不便さや燃費の低さになっています。

より詳しく違いを知りたい方は、こちらをどうぞ。

ミニバンとSUVの違い徹底比較!あなたと家族におすすめはどっち?

ファミリーカーとして人気のミニバンとSUV。 「ミニバンとSUVは何が違う?」 「自分と家族には、どちらを買うのが正解?」 ミニバンやSUVが気になりつつ、迷っている人も多いのでは。 そこで、ミニバン ...

続きを見る

SUVを日常使いするには

ミニバンに比べると、その燃費や使い勝手はよくありません。

むしろ、不便な点が多いでしょう。

日常的に買い物や通勤だけに使う車であれば、燃費や使い勝手のよいミニバンが候補です。

けれども、車に乗る場面は様々です。

家族全員を乗せた買い物もあれば、アウトドアを楽しむこともあります。

 

近年、SUVテイストのミニバンも発売されています。

また、オンロード走行を得意としたSUVも多くなってきています。

SUVが多種多様になって、使い方も様々。

 

SUVを日常的に使うには、燃費や使い勝手の不便さをある程度覚悟しておきましょう。

SUVは使い方次第。

燃費をよくするのも、運転技術の見せどころです。

注意ポイント・燃費をよくする運転

急発進・急加速をしない

アイドリングを減らす

不要な荷物を下ろす

適切なタイヤ空気圧にする、またはエコタイヤを装備する

そのうえで普段の運転も、まるでアウトドアに行くような気持ちで楽しめるといいですね。

 

まとめ

7人乗りSUVについて、燃費のよい車種や人気の中古車をご紹介しました。

燃費のよいSUV

  • 国産車は、車種が限られている
  • 最も燃費が良いのは、ハイブリッド車のレクサス「RX450hL 」で、17.4㎞/ℓ
  • 外車は車種が多く、特にディーゼル車の車種が豊富
  • 最も燃費がよいのは、クリーンディーゼル車のプジョー「5008」で、17.8㎞/ℓ

人気のSUV中古車

  • 第1位はトヨタ「ランドクルーザープラド」
  • 新車価格に近い中古車が多い。
  • 7人乗りグレードはさらに少ないため、選べる中古車は少ない。

日常では使い勝手が優先されますが、非日常では楽しさが優先されます。

そして、非日常を思いっきり楽しめると、明日からまた頑張る気力が出てきますよね。

SUVは、そのお手伝いができる車、なのかもしれません。

【車をお得に買い替えるマル秘テク】最大52万円もお得に!

『車を買い換えたい』と思っている方は、これだけは知らないとをしてしまいます!

車を買い換えるとき、今まで乗っていた愛車をディーラーに下取りに出していませんか?

下取りは損をする可能性が高いです。

営業マンは、本来の下取り額よりも安く見積もって、値引きが大きくなったように見せかけるなどというテクニックも使ってきます。

だから、まず買い替え準備として行うことは、愛車の正しい価値を知ること。

ネットの一括査定を使うと、複数の大手車買取店が値段をつけてくれます。

一括査定名なので、大手業者同士が勝手に争ってくれて、査定額も高くなるです。

下取りよりも平均で16万円も高くなったというデータもあります。

 

愛車を高く売って、グレードアップしてもいいし、好きなオプションをつけるのもよし。家族旅行の貯金に回してもいいですね!

50万円も高くなった方も!/

 

営業マンに騙されるな!新車をとことん安くする「値引き交渉マニュアル」

車欲しいなぁ・・・。でもお金ないし。 お金のことで新車を諦めている方もいるかも知れませんね。 でも、もし欲しい新車が50万円いや、80万円も安く買えるとしたらどうでしょうか? 300万円の新車が220 ...

続きを見る



-SUVとは

Copyright© 【SUV BUFF】SUV乗り換えガイド , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.