ジムニー

新型ジムニーの内装ってどうよ?おしゃれにカスタムしちゃおう

更新日:

手軽に乗れるオフロード車として不動の人気を誇るスズキジムニー。

2018年には20年ぶりとなるフルモデルチェンジで新型が投入され、世界中のジムニーファンを沸かせましたよね!

そんな多くの人を魅了してきた名車ですが、内装はどんな雰囲気なのでしょうか?

車内は第2の自分の部屋と言っても過言ではない大事な空間。

せっかくだから自分らしい演出もしたい。

今回は基本的な内装と、演出を手助けしてくれるカスタムパーツをご紹介します。

ジムニーの内装ってぶっちゃけどう?しょぼい?

ジムニー 内装

出典先:ジムニー公式サイト

元々が機能性重視の車のため、余計な装飾を排除したデザインのジムニー。

例えば、インパネ周りはシンプルなプラスチック素材なので、見る人によっては「しょぼい」「寂しい」「つまらない」といった印象になるかもしれません。

しかし実際には、傷や汚れが目立ちにくい表面処理が施された、実用性に富んだパネルなんです。

だから、そのデザイン性だけで「しょぼい」と判断してしまうのは、もったいないです。

やっぱり車内は「第2のマイルーム」ですから、気に入ったインテリアで過ごしたいものですよね。

 

ジムニーのグレードごとの内装の違い

2018年に発売された新型ジムニーにはシンプル装備のXG、必要十分な快適装備のXL、さらに上の全部入りとも言えるXCという3つのグレードが用意されています。

グレードによる内装の装備やシートの違いをご説明します。

装備の違い

出典先:ジムニー公式サイト

まずはインパネ周りから、グレードを比較しながら見てみましょう。

乗り降りサポートのグリップ

助手席乗降グリップ

ドアグリップ

出典先:ジムニー公式サイト

乗り降りのしやすさをサポートする、機能的なデザインの助手席乗降グリップを装備。

握りやすい大型のドアグリップを採用。(公式サイトより引用)

なぜなら、最低地上高205mmと車高のあるジムニーの場合、子どもはもちろん背の低い方が乗る際に、何かつかまるものがないと危険だからです。

ドアグリップに加え、さらに助手席にもグリップを設けることで、体勢を崩した時などつかまることができます。

これでガタガタ揺れる悪路や、何かが飛び出してきて急ハンドルを切る時も安心です。

嬉しいことに、この2つのグリップは全グレードに装備されています。

 

センタースイッチ

出典先:ジムニー公式サイト

左右にパワーウインドースイッチ、センターにESP(R)OFFスイッチとヒルディセントコントロールスイッチを配置。

手袋をしたままでも操作しやすいよう、大型のスイッチを採用しています。(公式サイトより引用)

どこまでも徹底された実用的デザインに、スズキの一貫した哲学を感じます!

これも全グレード装備です。

 

サイドルーバー

出典先:ジムニー公式サイト

サイドルーバーは、XCのみブロンズメタリックの加飾となります。

カッコいいですね!

こういう細かい装飾のあるなしが、意外と全体の雰囲気に影響したりしますから…

 

ステアリングホイール

出典先:ジムニー公式サイト

XL、XGはウレタン素材で、XCが本革巻きのステアリングホイールです。

本革巻きはカッコいいだけでなく、実はすごく実用的なんです。

夏は熱くなりにくく冬は冷えにくい、手にもしっくりなじみます。

 

エアコン

 フルオートエアコン

 マニュアルエアコン

出典先:ジムニー公式サイト

XC、XLはフルオートエアコンXGはマニュアルエアコンを装備しています。

便利さでいうとフルオートですが、「この武骨さがジムニーらしい」とマニュアルエアコンも実は人気なんですよ。

 

立方体メータークラスター

ドットディスプレイ

立方体メータークラスター セグメントディスプレイ

出典先:ジムニー公式サイト

立方体のクラスターに必要計器をシンプルに収納。

ジムニーらしくシンプルな設計がいいですよね。

シンプルながら使い勝手がいい。常に照明ONになっているので見やすいです。

また、マルチインフォメーションディスプレイが真ん中にあって、燃費や気温などの情報を教えてくれます。

 

XCはドットディスプレイで、XL、XGはセグメントディスプレイです。

※スズキ セーフティ サポート装着車もドットディスプレイになります。

ここカッコいいですね!

なんというか、男心をくすぐるデザインではないでしょうか?

 

バニティミラー

XLには運転席のみXCには運転席と助手席にバニティミラーが装備されています。

これは絶対にあった方がいい装備ですね。

 

シートの色や素材

次はシートについてです。

XC・XLは、はっ水加工ありのファブリックシート

出典先:ジムニー公式サイト

『子供が飲み物をこぼしてしまった』

『コンビニで買ったおでんが倒れてしまった』

『雪山に出かけて雪まみれのまま乗ってしまった』

車のシートって意外と水分の汚に対する心配が多いんですよね。

ここまでの汚れ例はみんな私の体験談ですが…

以前乗っていた車のファブリックシートがベージュ系ではっ水加工もされていなかったので、それはもう見るも無残な姿になってしまいました。

はっ水加工がしてあれば、染み込む前に対処できるので汚れる前にキレイを保てそうです。

 

XGは加工なしのファブリックシート

出典先:ジムニー公式サイト

はっ水加工のあるなしで、汚れ方はだいぶ違います。

シートカバーをかけるなどの汚れ対策をオススメします。

 

後部席は広いの?

出典先:ジムニー公式サイト

ジムニーは軽自動車ですし、快適な乗り心地を追及された車ではないので後部席は狭いです。

しかしXL、XCの後部座席は、左右独立した12段階のリクライニングができるシートで、長時間ドライブや3人乗りで荷物が多い時にも片方を倒せてとても便利です。

XGだとリクライニングもなく分割もできない一体型となっています。

とりあえず人が乗れる、という程度でしょうか…

 

もっとおしゃれに!おすすめカスタムパーツ

インパネをまるごと外して取り替える…等の大胆で手の込んだ方法もあるんです。

でも下取りに出したい時、原状復帰の事を考えるとなかなか手が出にくいのも事実。

だからといっておしゃれをあきらめたくない!

という事で、ここではもっと簡単な、誰にでもできるカスタムを紹介しますね。

シートカバーは機能性もカスタム性も抜群!

冒頭でもお伝えした通り、車内は第2のマイルームです。

かわいい、カッコいい、スタイリッシュ、ナチュラル…

それぞれに好みがあると思います。

一番簡単に、なおかつイメージチェンジの効果が高いのはシートカバーです。

 

どうです?

シートカバーのカラーひとつで華やかになったりシックになったり。

汚れも防げるし、万が一カバーが汚れたら外して洗えるのでいいことづくめですね。

簡単に雰囲気作りができるシートカバーははっ水シートのモデルにもおすすめですよ。

ジムニーらしく

  • ちょっとサファリっぽく
  • 幾何学模様の柄でモード系
  • オルテガ柄でネイティブアメリカン

など、自分らしさの演出に幅が広がりますよね。

 

フロアマットでワンランク上のおしゃれを演出

ジムニー フロアマット

出典先:楽天

意外に目を引くのがフロアマットなんです。

普段の乗車時にはほとんど意識することはないんですが、乗り降りするタイミングで必ず足元って見ますよね。

そんな時にカッコいいフロアマットだと

「わっ!おしゃれだね!」

なんて言われてちょっと嬉しかったり。

実はけっこう見られている足もとは、おしゃれポイントが高いんですよ~。

これは本当におすすめです!

 

ステッカーで簡単イメチェン!

ジムニー カスタム

出典先:楽天

シンプルで武骨とも言えるインパネ周りには、ステッカータイプのドレスアップもおすすめ。

貼るだけなので、DIYがあまり得意じゃない人でも気軽に挑戦できますね。

こんな風にガンガン個性的に仕上げちゃう方も。

ジムニー カスタム

出典先:みんカラ

思い切ったカスタムも、ジムニーならではですよね。

 

まとめ

ジムニーの内装は他の車と比べてもだいぶシンプルです。

逆を言えば、シンプルだからこそカスタマイズが映えるとも言えます。

オリジナルカスタマイズの良さは、だんだんと自分色に染まっていく事。

初めは簡素と思えた内装も、カバーやマット、シートなど、コーディネートを考えるだけでもワクワクしませんか!?

せっかくのマイカーですから、自分だけの大好きな空間を作っちゃいましょう!

 

【車をお得に買い替えるマル秘テク】最大52万円もお得に!

『車を買い換えたい』と思っている方は、これだけは知らないとをしてしまいます!

車を買い換えるとき、今まで乗っていた愛車をディーラーに下取りに出していませんか?

下取りは損をする可能性が高いです。

営業マンは、本来の下取り額よりも安く見積もって、値引きが大きくなったように見せかけるなどというテクニックも使ってきます。

だから、まず買い替え準備として行うことは、愛車の正しい価値を知ること。

ネットの一括査定を使うと、複数の大手車買取店が値段をつけてくれます。

一括査定名なので、大手業者同士が勝手に争ってくれて、査定額も高くなるです。

下取りよりも平均で16万円も高くなったというデータもあります。

 

愛車を高く売って、グレードアップしてもいいし、好きなオプションをつけるのもよし。家族旅行の貯金に回してもいいですね!

50万円も高くなった方も!/

 

-ジムニー

Copyright© 【SUV BUFF】SUV乗り換えガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.