レクサス

レクサスNXの内装はグレードごとにどう違う?白はやっぱり汚れるのか

都会のスポーツギアとして憧れの高級SUV、レクサスNX。

レクサスNXを購入するなら当然、内装にもこだわりたいですよね。

レクサスの内装はグレードごとに何が違うのか?

画像付でわかりやすく解説します。

「レクサスNXの購入を検討している」

「内装をどうカスタムしようか悩んでいる」

という人はぜひ参考にしてください。

 

レクサスNXのグレードごとの内装の違い

レクサスNXには、4種類のグレードがあります。

  • スタンダードモデル
  • Ipackage(Iパッケージ)
  • versionL(バージョンL)
  • FSPORT(Fスポーツ)

レクサスNXの内装は、グレードごとに

  • シートの色と素材
  • オーナメントパネル
  • ステアリング&シフトノブ
  • ペダル&フットレス
  • メーター
  • スカッフプレートのロゴ

といったパーツに違いがあります。

内装の違いを、グレード別に画像とともに詳しく解説します。

▼レクサスNXの内装を360°全方位視点で体感できる動画はこちら

スタンダードモデルの内装

まずは、スタンダードモデル内装をみていきましょう。

 

■シートの色と素材

スタンダードモデルのシートカラーは、

  • ダークローズ
  • ブラック

の2色から選べます。

シートの素材は、ファブリック(布)です。

<ダークローズ>出典:LEXUS公式

lexus nx シート ブラック 標準

<ブラック>出典:LEXUS公式

定番のブラックに、渋みのあるダークローズ。

カラー展開が高級SUVのレクサスNXならではですね。

 

■オーナメントパネル

スタンダードモデルでは、オーナメントパネルが

  • シルバーフィルム
  • ダークフィルム

の2種類から選べます。

 

出典:LEXUS公式

出典:LEXUS公式

オーナメントパネルって一体どこにあるのでしょうか?

正解は、

  • 助手席前のダッシュボードの上辺り
  • ドアの内側

などにあります。

オーナメントパネルは、内装のアクセントになるパーツです。

シートの色や素材とあわせて選びたいですね。

 

■ステアリング&シフトノブ

スタンダードモデルのステアリング(=ハンドル)とシフトノブは、本革製です。

標準装備で本革仕様とは、さすが高級SUVですね。

 

出典:LEXUS公式

 

■ペダル&フットレスト

スタンダードモデルのペダルは、一般的な吊り下げ式です。

ペダル・フットレスト共に、見た目は標準的なものになります。

 

■メーター

スタンダードモデルの運転席メーターには、オプティトロンメーターが採用されています。

出典:LEXUS公式

オプティトロンメーターは、自発光式メーターとも呼ばれます。

メーターの裏側に光源があり、エンジンをかけると、漆黒のモニターに針や文字が浮かび上がります。

昼夜を問わずメーターが光るので、表示が見やすいのがメリットです。

遊び心と高級感あるオプティトロンメーターは、多くの高級車に採用されています。

 

■スカッフプレートのロゴ

スタンダードモデルのスカッフプレートには、”LEXUS”のロゴが刻印されています。

出典:LEXUS公式

スカッフプレートとは、ドアをあけた時にちょうど足元にくるボディ部分(=サイドシル)に取り付けられたプレートです。

車を乗り降りするときに、ボディの傷つきや塗装の剥がれを防ぐ役目があります。

ドアを開けたときに、さりげなく見えるブランドロゴがオシャレですよね。

 

Ipackage(Iパッケージ)の内装

Iパッケージの内装は、スタンダードモデルとほとんど変わりません。

スタンダードモデルと違うのは、

  • シートの色と素材

です。

 

■シートの色と素材

Iパッケージのシートカラーは、

  • リッチクリーム
  • オーカー
  • ダークローズ
  • ブラック

の4色から選べます。

シート素材は「L tex(エルテックス)」という、本革に近い風合いや肌触りを再現した合成皮革です。

出典:LEXUS公式

出典:LEXUS公式

出典:LEXUS公式

出典:LEXUS公式

Iパッケージのシートカラーには、高級感のあるリッチクリームとオーカーが加わりました。

合成皮革のシートは、お手入れがしやすく便利。

アウトドアシーンやファミリーでの使用で汚れても安心です。

高級ながらもアクティブなレクサスNXの、魅力がつまったカラーと素材です。

 

versionL(バージョンL)の内装

バージョンLは、最上級グレードです。

バージョンLの内装で、他のグレードと違うのは

  • シートの色と素材
  • オーナメントパネル
  • スカッフプレートのロゴ

です。

 

■シートの色と素材

バージョンLのシートカラーは、Iパッケージと同じ

  • リッチクリーム
  • オーカー
  • ダークローズ
  • ブラック

の4色から選べます。

シート素材は、高級感あふれる本革です。

 

■オーナメントパネル

バージョンLのオーナメントパネルは、

  • 縞杢(しまもく)
  • バンブー

の2種類から選べます。

出典:LEXUS公式

出典:LEXUS公式

縞杢は地模様のはいったブラックパネルで、落ち着いた雰囲気の内装にぴったりです。

バンブーは木のぬくもりを感じられるパネルで、車内がホッと落ち着く空間になります。

 

■スカッフプレートのロゴ

バージョンLのスカッフプレートには、“LEXUS”のプレートロゴがついています。

出典:LEXUS公式

プレートロゴは、刻印されたロゴよりも存在感があります。

バージョンLの上質さが伝わってきますね。

 

FSPORT(Fスポーツ)の内装

Fスポーツは、スポーツカーの要素を盛り込んだグレードです。

内装も他のグレードと違って、

  • シートの色と素材
  • オーナメントパネル
  • ステアリング&シフトノブ
  • ペダル&フットレス
  • メーター
  • スカッフプレートのロゴ

とあらゆるパーツに「FSPORT専用」の装備が搭載されています。

内装にこだわりたい人には見逃せないグレードです。

 

■シートの色と素材

Fスポーツのシートの色は、

  • FSPORT専用ホワイト
  • FSPORT専用フレアレッド
  • FSPORT専用ブラック

の3色から選べます。

シート素材には、FSPORT専用本革が使われています。

出典:LEXUS公式

出典:LEXUS公式

出典:LEXUS公式

Fスポーツのシートのすごいところは、座り心地へのこだわりです。

シートの内材と革を一度に成型することで、凸凹面が理想的の形になっています。

座ったときのフィット感はもちろん、スポーツ走行に備えて体を支える力にもすぐれています。

まさにスポーツカーを意識したシートですね。

 

■オーナメントパネル

Fスポーツのオーナメントパネルは

  • FSPORT専用メタルフィルム
  • 本アルミ

の2種類から選べます。

ただし、本アルミはメーカーオプションです。

出典:LEXUS公式

出典:LEXUS公式

どちらもスポーティーさを意識した、メタリックで洗練されたデザインです。

 

■ステアリング&シフトノブ

Fスポーツのステアリング(=ハンドル)とシフトノブは、専用のディンプル本革仕様です。

<Fスポーツのステアリング>出典:LEXUS公式

<Fスポーツのシフトノブ>出典:LEXUS公式

革にほどこされた赤のステッチが、Fスポーツのスポーティーでアクティブな雰囲気を印象づけています。

 

■ペダル&フットレスト

Fスポーツのペダル&フットレストは、アルミ製です。

出典:LEXUS公式

メカニックで他に類を見ないデザインのペダル&フットレストは、Fスポーツを語るうえで欠かせない存在。

レクサスファンの間でも人気の高いパーツです。

 

■メーター

Fスポーツのメーターは、専用オプティトロンメーターです。

メーター表示がリング状になっており、他グレードのメーターより鮮明で見やすいデザインです。

出典:LEXUS公式

さらにタイヤの空気圧が減ると、メーター中央のマルチディスプレイに数値が表示されます。

出典:LEXUS公式

タイヤの空気圧まで数値表示されるなんて、スポーツ走行を意識したこだわりを感じますよね。

 

■スカッフプレートのロゴ

Fスポーツのスカッフプレートには、“LEXUS”のプレートロゴ(ブラック)がついています。

出典:LEXUS公式

レクサスブランドをはっきりと主張するブラックロゴが、スポーティーでスタイリッシュな雰囲気にぴったりですね。

 

スイッチが多い!便利機能を紹介

レクサスNXは高級車だけあって、スイッチひとつで操作できる便利機能が満載です。

しかし、あまりのスイッチの多さに「慣れるまで時間がかかる」という声もあるほど…。

レクサスNXのスイッチと機能については、下の動画でわかりやすく解説されています。

●ハンドルまわりのスイッチ

 → オーディオ・メーター・ハイビーム等

●運転席ドア付近のスイッチ

 → サイドミラー調整・パワーウィンドウ等

●インパネまわりのスイッチ

 → エアコン・シートヒーター・ハザード等

●シフトノブまわりのスイッチ

 → 走行モード切替・パーキングブレーキ等

●ナビゲーションシステムのタッチパネル

なかでも圧巻なのは、

●パノラマルーフのスイッチ

スイッチひとつでルーフ全面がガラス張りになる機能は、思わずワクワクしますね。

 

白いシートは汚れが目立つ?

出典:LEXUS公式

内装が白だと、車内が広く明るく感じられて、開放的な雰囲気になりますよね。

しかし白を選んで気になるのが、やはり汚れの目立ちやすさ

白いシートは、長年乗っているとどうしても黒ずみが目立ってきます。

また

  • コーヒーをこぼしてシミになった…
  • デニムを履いて座ったら色移り

なんてことも。

しかしシートの汚れは、素材に合った正しいお手入れで落とせるんです。

「白いシートは汚れが目立つ」という悩みも、これで解決できますよ。

合皮シートの汚れを落とす方法

Iパッケージの場合、シート素材は合皮(L tex)です。

合皮シートの汚れは、水拭きでとることができます。

しつこい汚れには、中性洗剤を薄めたもので拭きとるのも効果的ですよ。

本革シートの汚れをとる方法

バージョンLやFスポーツの場合、シート素材は本革です。

本革は水分で傷みやすくなるので、硬くしぼったタオルで水拭きしたあと、乾拭きをしましょう。

しつこい汚れには、「レクサス純正 レザーメンテナンスキット」のようなレザークリーナーを使うのも効果的。

また、ディーラーオプションのレザークリーニングを利用するのもおすすめです。

 

まとめ

レクサスNXの、グレードごとの内装の違いについてまとめました。

どのグレードの内装もそれぞれ魅力があって、選ぶのが難しいですよね。

個人的には、内装の視点からグレードを選ぶのであれば

シートカラーと素材にこだわらない場合

 → 高級感十分なスタンダードモデル

アウトドアやファミリーでの使用が多い場合

 → 合皮シートのIパッケージ

シートカラーと本革素材にこだわりたい場合

 →上質感あるバージョンL

内装の細部までこだわりたい場合

 →専用装備が豊富なFスポーツ

がおすすめです。

レクサスNXのグレード選びには、外観や走行性はもちろん、内装へのこだわりもポイントに入れてみてくださいね。

【車をお得に買い替えるマル秘テク】最大52万円もお得に!

『車を買い換えたい』と思っている方は、これだけは知らないとをしてしまいます!

車を買い換えるとき、今まで乗っていた愛車をディーラーに下取りに出していませんか?

下取りは損をする可能性が高いです。

営業マンは、本来の下取り額よりも安く見積もって、値引きが大きくなったように見せかけるなどというテクニックも使ってきます。

だから、まず買い替え準備として行うことは、愛車の正しい価値を知ること。

ネットの一括査定を使うと、複数の大手車買取店が値段をつけてくれます。

一括査定名なので、大手業者同士が勝手に争ってくれて、査定額も高くなるです。

下取りよりも平均で16万円も高くなったというデータもあります。

 

愛車を高く売って、グレードアップしてもいいし、好きなオプションをつけるのもよし。家族旅行の貯金に回してもいいですね!

50万円も高くなった方も!/

 

営業マンに騙されるな!新車をとことん安くする「値引き交渉マニュアル」

車欲しいなぁ・・・。でもお金ないし。 お金のことで新車を諦めている方もいるかも知れませんね。 でも、もし欲しい新車が50万円いや、80万円も安く買えるとしたらどうでしょうか? 300万円の新車が220 ...

続きを見る



-レクサス

Copyright© 【SUV BUFF】SUV乗り換えガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.