ランドクルーザープラド

ランドクルーザープラドの維持費は高いの?税金や車検代、ガソリン代をシミュレーション

2018年12月26日

ランドクルーザープラドってカッコいい!

SUVはやっぱりディーゼルでしょ。

がんばってお金は貯めたし、よし買おう!

でも待てよ、せっかく買ったのに維持できなかったらどうしよう。

駐車場に眠らせるだけなんてもったいない。

毎月どのくらいお金がかかるの?税金はいくら?

車検もけっこうかかりそうだな。維持費はどのくらい?

いろいろ調べてみました。

 

ランドクルーザープラドの維持費はいつ、いくら払うの?

クルマを買うと維持するのにお金がかかります。

たとえば、ガソリン代や駐車場代などは毎月かかります。

自動車税は年1回。車検は2年に1回。

いろいろあるのでまとめました。

毎月

内訳 費用
燃料代 ディーゼル3,178円
ガソリン4,833円
駐車場代 10,000円
任意保険代 5,198円
合計 ディーゼル18,376円
ガソリン20,031円

燃料代は、月300km(週末に近場で買い物、月1回遠出を想定)

ディーゼルカタログ燃費11.8km/l 、全国平均軽油125円

ガソリンカタログ燃費9.0km/l 、全国平均ガソリン145円で計算しました。

駐車場代は、地域によって異なります。

任意保険は、免許証の色ゴールド・運転の範囲本人・30歳・12等級・車両保険付きで計算しました。(分割払い)

一括払いなら少し安くなります。

月々ディーゼル18,376円ガソリン20,031円。

毎年、2年毎

内訳 費用 頻度
自動車税 51,000円 1年毎
車検 100,000円 2年毎

車検は、安いところは7万円代でできます。

10万円あれば余裕があるので、予算は10万円としています。

 

ランドクルーザープラドの維持費をざっくり計算。月額でこの位かかります

 

  • ディーゼル

毎月18,376円 + 毎年51,000円÷12 + 2年に1回100,000円÷24 =

月々26,793円

  • ガソリン

毎月20,031円 + 毎年51,000円÷12 + 2年に1回100,000円÷24 =

月々28,448円

 

これ以外に、故障したりこすったり冬用タイヤに交換したりしたらもっとかかります。

最低でこのくらいは必要です。

 

ガソリン代はディーセル車のほうが安いけど・・・

ガソリン代
1ヶ月の走行距離 ガソリン車 ディーゼル車
100km 1,611円 1,059円
300km 4,833円 3,178円
500km 8,056円 5,297円
1000km 16,111円 10,593円

月300km走行の計算で、ディーゼルのほうがガソリンより約2,000円安い結果になりました。

もし、月500km走ると約2,800円

もし、月1,000km走ると約5,500円

毎月2,000円~5,500円ディーゼルのほうが安くなります。

最低5年くらいは乗りますよね。

月1,000km走行で5年乗れば、ディーゼルはガソリンより約33万円お得。

ですが、ディーゼル車のほうがガソリン車よりも車両価格が60万円ほど高いです。

ガソリン代でその差を埋めるには10年は乗る必要があります。

 

維持費で負担が大きいのはガソリン代と保険代

調べてみてわかったことは、維持費で大きいのはガソリンと保険です。

いままで税金が高いってイメージでした。税金は、年に1回とか2年に1回まとめて支払うので大きく感じますね。

しかし、実際は下記の表のようにガソリン代と任意保険代のほうが高くなるんですよ。

自動車税 年51,000円
自動車重量税 年20,500円
(2年で41,000円)
ガソリン代 年57,996円
(月300km走行時)
任意保険代 年62,376円

 

節約するなら保険代!任意保険を見直そう

税金は値切ることはできません。

どうしてもかかってしまうものなので割り切りましょう。

節約するなら任意保険です。

節約の一番いいタイミングは更新のときに次の4つを意識することです。

  • 補償内容を見直す
  • 車両保険を思い切って外す
  • 運転者の限定をする
  • 代理店型ではなくダイレクト型保険に変更する

 

車検費用を節約するならディーラーより車検専門店

そもそも車検ってなんのためにやるの?と疑問に思った人は多いかと思います。

車検でチェックするところは、大きく分けると下記の2つです。

  1. クルマが安全に走るかどうか
  2. 排気ガスが汚れすぎてないか

たしかにどちらも大事なので、定期的に検査することが必要ですね。

避けられないのなら、せめて安くできないか調べてみました。

 

車検費用を安くするにはユーザー車検

安くする方法はいくつかあります。

一番安く済ませるには、ユーザー車検です。

ユーザー車検とは、自分で書類を揃えて、運輸局に予約してもっていき、自分で車検を通すという方法です。

 

そもそも車検が高い理由は、技術料にあります。

車検の内訳ですが、

重量税・自賠責保険料・印紙代 + 技術料 + 部品代 = 車検

となっています。

この技術料を削ることができれば、かなり節約できますよね。

ユーザー車検では、点検などを自分で行うので技術料が不要になります。

ユーザー車検の2つのデメリット

ユーザー車検はメリットばかりではありません。

ここでは2つのデメリットについてお伝えします。

  • 運輸局は平日しかやっていない
  • 全て自分で行うので手間がかかる

車検を行う運輸局は平日しかやってないので、平日が仕事の方はユーザー車検ができません。

また、検査項目を調べ、クルマの状態を調べ、必要書類を集め、受検するという手順なので結構手間がかかるんです。

また、整備の知識が多少必要になるので素人には結構大変です。

安さ重視ならユーザー車検ですが、一般的にはディーラーや整備工場、ガソリンスタンドなどに持ち込んでやってもらうようになります。

ディーラー車検は高いのでネット比較してみよう

そこで、注意です。どこに出すかで金額がかわります。

結論からいうと、ディーラーは高いです。

それには理由があって、

  • ディーラーは、自社のクルマに詳しいので安心して任せられます。
  • 部品を交換する場合、安心の純正部品を使ってくれます。
  • 今は大丈夫だけど、長い目でみて壊れる前に交換をします。

その結果、工賃が高く、部品代が高くつきます。

インターネットで「車検 比較」とか「車検 見積もり」と検索すると安いところがいろいろ出てきます

 

ランドクルーザープラドの消耗品費はいくらかかる?

出典元;トヨタ自動車

 

使用頻度が多ければそれだけ消耗します。

バッテリーが弱ってエンジンがかかりにくくなったり、タイヤの溝がなくなって滑るようになったりします。

 

こんなところ走ってて滑ったら大変ですね。

ほかにもエンジンオイルが汚れたり、減ったりすると最悪故障します。

維持費とは別に、代表的な下記の消耗品の金額を調べました。

タイヤ 50,000円 3年毎
エンジンオイル 6,000円 1年毎
バッテリー 10,000円 3年毎
ブレーキパッド 40,000円 5年毎

目安ですが、だいたいこのくらいです。

月々いくら積み立てておけばいいか計算すると月々2,834円です。

 

まとめ

月々約30,000円は見積もったほうが良さそうです。

維持費の節約には燃料代と任意保険代を抑えることがポイントです。

燃料は安い時に満タン、任意保険は削れるところは見直す。

車検はネットで調べて安いところに出すことで維持費の節約ができますよ。

 

【車をお得に買い替えるマル秘テク】最大52万円もお得に!

『車を買い換えたい』と思っている方は、これだけは知らないとをしてしまいます!

車を買い換えるとき、今まで乗っていた愛車をディーラーに下取りに出していませんか?

下取りは損をする可能性が高いです。

営業マンは、本来の下取り額よりも安く見積もって、値引きが大きくなったように見せかけるなどというテクニックも使ってきます。

だから、まず買い替え準備として行うことは、愛車の正しい価値を知ること。

ネットの一括査定を使うと、複数の大手車買取店が値段をつけてくれます。

一括査定名なので、大手業者同士が勝手に争ってくれて、査定額も高くなるです。

下取りよりも平均で16万円も高くなったというデータもあります。

 

愛車を高く売って、グレードアップしてもいいし、好きなオプションをつけるのもよし。家族旅行の貯金に回してもいいですね!

50万円も高くなった方も!/

 

営業マンに騙されるな!新車をとことん安くする「値引き交渉マニュアル」

車欲しいなぁ・・・。でもお金ないし。 お金のことで新車を諦めている方もいるかも知れませんね。 でも、もし欲しい新車が50万円いや、80万円も安く買えるとしたらどうでしょうか? 300万円の新車が220 ...

続きを見る



-ランドクルーザープラド

Copyright© 【SUV BUFF】SUV乗り換えガイド , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.