ポルシェ

ポルシェ マカンのサイズ。カイエンと大きさを比較してみた

投稿日:2019年1月22日 更新日:

2014年にポルシェから発売されて以来、絶大な人気を誇る小型SUV『マカン

SUVに乗りたいけど、大きい車は苦手!運転するのが怖い!と思っている方が多いのではないでしょうか?

そんなあなたの悩みを解決してくれる『マカン』のサイズ、他車との比較をしてみました。

 

マカンの全長・全幅・全高はどのくらい?カイエンと比べてみた

マカンは小型SUVって言うけど、どのくらいのサイズなの?

と疑問に思っている方に、ポルシェのもう一つのSUV「カイエン」とサイズの比較をしてみました。

 

全長 全幅 全高
マカン 4,696 1,923 1,624
カイエン 4,855 1,954 1,705

※単位(mm)

カイエンと比較すると、マカンのほうが一回り小さいです。

全長で15cm、幅3cm、高さ8センチ小さいですね。

マカンは小型SUVと分類されていますが、日本車と比較するとかなり大きいです。

日本での小型SUVはヴェゼルやC-HRに当たりますが、それよりも一回り大きいのです。

ハリアーやエクストレイルなどのミドルクラスSUVのサイズと考えてもらえればOKです。

 

マカンとカイエンの詳しい違いについては、こちらの記事をご覧ください。

ポルシェ マカンとカイエンの違いは? どっちがおすすめ?

世界中のファンに愛されるポルシェのSUV、マカンとカイエン。 まさにあなたも今、どちらを次の愛車に選ぼうかとお悩み中ではないでしょうか。 ポルシェの代名詞とも言える両者ですが、ずいぶん違った個性がある ...

続きを見る

 

マカンの室内の広さはどのくらい?

出典:ポルシェ マカン公式サイト

車が全体的にコンパクトなのはいいけど、室内も狭いのではないか?と不安に思う方もいるかも知れません。

正解です。実は室内があまり広くはありません。

後部座席に大人が3人座ると窮屈に感じます。

またトランクの容量は500Lですが、ゴルフバッグ2つ積むことはできません。

スポーティさを追求されて創られているため、室内は狭く感じてしまいます。

ですが、少人数やデートでは活躍してくれること間違いなしです!

 

ライバルや旧型(一つ前のモデル)と大きさを比較

ライバル車には「AudiQ5」「BMW X3」「LEXUS NX」があります。

外観のサイズを比較してみたところ、下記の表のようになりました。

全長 全幅 全高
マカン 4,696 1,923 1,624
Audi Q5 4,660 1,890 1,660
BMW X3 4,665 1,880 1,675
LEXUS NX 4,640 1,845 1,645

※単位(mm)

長さと幅は断トツの1位でした。

高さはスポーティに創られている分、一番低くなっています。

上記のライバル車と比べても全長と全幅が大きいのがデメリットです。

しかし、全高が低くスポーティな走りができるのが魅力です。

ぜひライバル車たちと乗り比べをして、マカンの走りの楽しさを味わってください。きっとドライブがより一層楽しくなりますよ。

機械式駐車場や立体駐車場には入るのか?

一番気になるのが駐車場に入るかどうかです。

一生懸命働いて購入した、愛着のある車が傷つくのは嫌ですよね。

最近ではたくさん見かけるようになったコインパーキング、自宅マンション等の立体駐車場。

国産車でもお断りされることがある分、外車だとどうなのでしょう?

立体駐車場の種類には自走式と機械式がありますが、車高や車幅などの制限があるので注意が必要です。

立体駐車場の高さ制限

自走式駐車場の場合、高さ制限は2,000mm~2,200mm程度の所が多いようです。

マカンの高さは1,624mmなので、これなら駐車できる場所もいくつかありそうです。

機械式駐車場の場合ですが、高さ制限1,550mm程度の所が多いのでこれだと駐車できません。

立体駐車場の車幅制限

次に車幅の制限ですが1,850mm程度が多いです。

マカンの全幅は1923mmなので、駐車できません。

車高をクリアしても車幅で引っかかってしまうんですね・・

輸入車は国産車に比べ車幅が広い車が多いです。

日本の立体駐車場は国産車のために作られているので、少し大きめの輸入車はほとんどが駐車できないんです。

ギリギリ入れることもありますが、お勧めはしません。

大事なマカンに傷がついてからでは遅いですからね。無理は禁物です。

立体駐車場に停めるときは事前にパーキングの情報を知っておくとスムーズに移動できるのでお勧めです。

 

運転が苦手な方にオススメ装備

出典:ポルシェ マカン公式サイト

運転をしていると色んなところに注意しながら運転しなければいけないので大変ですよね。

ナビを見ながら運転したり、場所を設定したりで運転どころではないです。

ナビゲーターでもいればすごく助かる。そんな手助けをしてくれるのが、Porsche Connectにあるオンラインナビゲーションです。

このナビはリアルタイムで最新の交通情報を提供し、渋滞情報や目的地に一番早く到着できる道を示してくれる優れモノです。

さらにアプリを使えば、目的地の同期や駐車場の検索を素早くしてくれて運転中に注意力散漫にならずに済むので安心で快適なドライブを楽しむことができます。

バックカメラやコーナーセンサーがほしいなら

「駐車が苦手・・・」

「狭い道路でのすれ違いが怖い・・・」

そんな方が頼りにしているのが、バックカメラやコーナーセンサーです。

最近の国産車はこれらのカメラにも力を入れていて、純正ナビと連動して上から見下ろすような映像も見られるようになっています。

しかし、マカンにはリアカメラもコーナーセンサーもはありません。

もし、そういった装備をつけたいのなら、購入後に社外品で取り付けとなります。

後付でも全然問題ありませんので、駐車はすれ違いが怖い・・・という方には検討してみてください。

まとめ

小型SUVという新しいタイプですがまだまだ国内では運転するのに厄介な面もあります。

ですが、見た目もスポーティでとても高級感がありドライブが今まで以上に楽しくなります。

初めて外車を乗る人も、そうじゃない人も、運転する楽しさを実感できるので一度試乗されてみるのもいいですね。

【車をお得に買い替えるマル秘テク】最大52万円もお得に!

『車を買い換えたい』と思っている方は、これだけは知らないとをしてしまいます!

車を買い換えるとき、今まで乗っていた愛車をディーラーに下取りに出していませんか?

下取りは損をする可能性が高いです。

営業マンは、本来の下取り額よりも安く見積もって、値引きが大きくなったように見せかけるなどというテクニックも使ってきます。

だから、まず買い替え準備として行うことは、愛車の正しい価値を知ること。

ネットの一括査定を使うと、複数の大手車買取店が値段をつけてくれます。

一括査定名なので、大手業者同士が勝手に争ってくれて、査定額も高くなるです。

下取りよりも平均で16万円も高くなったというデータもあります。

 

愛車を高く売って、グレードアップしてもいいし、好きなオプションをつけるのもよし。家族旅行の貯金に回してもいいですね!

50万円も高くなった方も!/

 

営業マンに騙されるな!新車をとことん安くする「値引き交渉マニュアル」

車欲しいなぁ・・・。でもお金ないし。 お金のことで新車を諦めている方もいるかも知れませんね。 でも、もし欲しい新車が50万円いや、80万円も安く買えるとしたらどうでしょうか? 300万円の新車が220 ...

続きを見る



-ポルシェ

Copyright© 【SUV BUFF】SUV乗り換えガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.